暑中見舞いのハガキを送ってみませんか - 暑中見舞い 2018年7月7日~8月7日 -

暑中見舞いに送るハガキについて解説。いつまでにおくるべきか、どんな内容にすればいいのかなど。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

暑中見舞いってなんでしょう

暑中見舞いとは、夏の暑さで気力、体力が奪われ元気に過ごしているかどうか相手を気遣うためのものです。お中元もその一つですが、ほとんどの人はハガキに手紙を書いて出す人が多いでしょう。

遠くに住んでいてなかなか会えない人や普段お世話になっている人へ感謝の意味も込めてハガキを送るのもよいでしょう。たった1枚のハガキに過ぎないかもしれませんが、もらう方はとてもうれしものです。おじいちゃん、おばあちゃんあてにお孫さんが暑中見舞いを送るのもいいかもしれません。

もし、暑中見舞いをもらったらできるだけ早くお礼のハガキで届いたことを相手にお知らせするのが礼儀です。文章を書くのがどうしても苦手という人は電話でもよいでしょう。もらいっぱなしにならないようにしたいものです。

いつまでに送ったらいいのでしょう

夏に送る手紙は暑中見舞いのほかに残暑見舞いというのがあります。これはどちらも同じ意味で送るものですから特に大きな差はありません。しかし、いつ相手に送るかによって実は中身が少し変わってくるのです。

暑中見舞いは、だいたい7月の上旬または中旬から8月の立秋の前日までに送るのが一般的です。立秋は8月の上旬ですのでまだまだ暑さも厳しいときです。しかし暦の上では秋の始まりですので、立秋を過ぎたら残暑見舞いというように呼び方も変わります。もちろん書き出しや内容も少し変わりますが、あまり気にせずに相手の様子を気遣う内容であれば問題ないでしょう。

これは一般常識として知っておいた方がよいことなので、特に仕事関係者に送るときにはきちんと送る時期を確かめる必要があるかもしれません。

どんな内容を書けばよいのでしょう

「文章を書くのは苦手で。」といった方もいらっしゃるでしょう。特に時候のあいさつなど、難しく考えればきりがありません。大事なことは形にこだわることよりも相手を思う気持ちが大事です。

もし文章が苦手であっても絵を描くのは得意という人がいたら、絵手紙にしてみるのはどうでしょうか。真ん中に大きく夏に関係のあるイラストを描いて、その横にメッセージを添えるだけで立派な暑中見舞いになります。

文章も絵も苦手という人のために、ハガキにイラストが描かれているものを初めから選ぶのもよいでしょうし、シールや貼り絵などでレイアウトするのもいいかもしれません。大事なのはどれだけすばらしい文章を書くことができるかではなく、相手をどれだけ思って手紙を書くかということなのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう