夏の暑い時期、盛夏に出す挨拶状が暑中見舞い - 暑中見舞い 2018年7月7日~8月7日 -

暑中見舞いと出すタイミングについて解説。文面や失礼にあたらないようなマナーについてなど。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

出すタイミングについて

暦の上では、立夏から立秋の前日までが夏であるとされています。そして、この期間の中でも厳しい暑さであるのが、夏の土用の期間であるとされ、この期間は暑中と言われます。暑中見舞いを出すのであれば、この時期が適切である言えます。ただし、場合によっては梅雨が明けていないこともありますので、梅雨明けを待って出しても良いでしょう。

そもそも、暑中見舞いとはどのようなものなのでしょうか。これは、夏の季節に出す挨拶状の事を指します。知人や友人、お世話になった人などに、相手の健康を思いやり、手紙を出したりすることを指します。同じような挨拶状に、残暑見舞いがありますが、これは夏真っ盛りの時期に出すというよりも、立秋から8月末の暦の上では秋に出す挨拶状を指します。

どのようなことを書けば良いか

暑中見舞いの書き方については、明確な決まりという物はありません。相手の健康を思いやる言葉と共に、自身の近況を伝えるような文言を入れると良いでしょう。また、文章を書く際には、まず相手の事を思いやるような言葉や近況をたずねるような事を書いた上で、自身の近況などを書くようにしましょう。相手が不快になるような内容は避けるようにしましょう。

残暑見舞いも基本的には暑中見舞いと同じような文章ですが、秋が近づき、朝夕には涼しさを感じるようになったこと、秋の気配を感じるようになったということなどを交えてみると良いかもしれません。

暑中見舞いの場合は盛夏、残暑見舞いの場合は晩夏と文章の最後に日付や年号とともに書くという事が多いようです。日付については、年月のみでも構いません。

失礼にならないようにしよう

挨拶状を書く際に、縦書きと横書き、どちらが適切であるかを迷う人もいるかもしれませんが、特に決まりはないとされていますが、縦書きの方が良いでしょう。特に目上の人や改まった内容の書くという時には、縦書きにするようにしましょう。ただし、数字が多く使われるという場合や英語で書くという場合には、横書きのほうが適しているでしょう。

暑中見舞いの目的はあくまでも季節の挨拶を行うということです。このタイミングで転勤や転職など自身の身の上の変化について書くということは、普段それほど接触のない関係性の遠い人であればそれほど失礼には当たりませんが、親しい人や関係性の高い人への報告では失礼にあたる可能性がありますので、別途改まった挨拶状を出すようにすることをおすすめします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう