届いた時期別に考える暑中見舞いへの返事 - 暑中見舞い 2018年7月7日~8月7日 -

暑中見舞いの返事についての解説。返事を出す時期が7月、6月で内容がかわってきます。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

まだ7月に入ったばかりなのに

6月下旬から7月にかけて早々と、暑中見舞いが届いて、お返事をどうすべきか悩むことがあります。暑中見舞いはだいたい、7月の初旬から8月第一週の立秋までに出すのが常識といわれています。

はがきでの「暑中見舞い」が届いたならば、自分も少し間をおいてお返事を暑中見舞いとして出せば、ちょうどよいタイミングになるかもしれませんが、メールで届いたものに対しては、あまりにお返事をあけてしまうと、読んだのかな、無視しているのかななどと余計な詮索をされかねません。いま、その時期ではないからとこだわる人なら、夏のご挨拶ということで、夏らしいイラストをそえてみてはいかがでしょうか。近況報告を兼ねてお返事するとよいかもしれません。

また、夏らしい写真入りのグリーティングカードもいいかもしれません。

梅雨が明けていないのに

梅雨明けしてからこそ夏なのだから、暑中見舞いはその時期でないととこだわる人もいるでしょう。たしかに梅雨の時期、まだ暑いということもなくムシムシしているだけ。カーッと太陽に照らされてこその暑中見舞いだというのもわかります。

この時期にいただいた暑中見舞いへの返事はどうしたらよいでしょうか。梅雨の時期というのは誰でも体調を崩しやすいものです。相手の体調を気遣った内容のお返事が喜ばれるでしょう。時期的にはあじさいのイラストなども喜ばれます。

また、住所を知っている人ならば、小さなうちわがそえられたカードもちょっとしたプレゼントになり、気がきいています。はがき一枚よりも、送り手の親しみや優しさを感じられるでしょう。お世話になっている方へのご挨拶にも使えます。

立秋をすぎているのに

もうそろそろ夏の暑さにも慣れ、暑中見舞いのやりとりも終った頃、一通くらい舞い込んでくる遅れてきた暑中見舞いにはどのようなお返事がいいでしょうか。この場合は、残暑見舞いという形でお返事をすればいいので簡単です。

残暑見舞いは立秋から8月いっぱい使えます。残暑と言っても、地球温暖化の影響で9月中旬ごろまでは実際に猛暑がつづくことも最近では多いものです。ぎりぎりまでこの残暑見舞いのご挨拶は重宝します。

また、夏の終わりも疲れがどっと出る時期ですから、この時期のご機嫌伺いもとても喜ばれます。この場合は、秋の涼しさをほんの少し取り入れたイラストが入っていると、もらった方は癒されます。8月中旬くらいなら、まだ風鈴などの絵も風を感じられて涼しげですし、植物のイラストも無難です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう