梅干しがダイエットの最適な理由の一つカロリー消費 - 梅干しの日 2018年7月30日 -

日本食の良さが見直されることによって、古来から日本で食べれていた梅干しの健康効果が再認識されています。その中で梅干しを食べることによって、体を正常な体型に戻すダイエットで大事なカロリー消費を促します。

-AD-

ダイエット効果に注目される日本古来の食材

近年健康志向の高まりによって、体内の余分な脂肪を燃やし正常な体系に戻すダイエットを行うことが性別問わずに広まりを見せています。そのダイエットを成功させるためには運動が欠かせないといわれていますが、それと同時に行わなければならないことはダイエットが成功しやすいように体の状態を改善することなのです。そのダイエットを成功させるうえで体内の状況を改善させるためには食事の面を改善する必要があり、そこで体質改善を目的に食事で取り入れるとよいとされているのが日本古来の食文化として根付いている梅干しなのです。なぜ梅干しがダイエットを成功させるうえで大事なのかというと、その梅干しには体質改善を促すうえで大事な栄養素とカロリーを消費する成分がたくさん含まれているからです。

梅干しによるダイエット効果を紹介

梅干しがダイエット効果があるのには2つの栄養素によって条件を満たしているからといえます。一つ目の条件は体の中で脂肪を燃やすための代謝を促すクエン酸です。クエン酸は体の中に吸収されるとビタミンCに代わるのですが、そのビタミンCに代わるまでの間に肝臓の酵素で変化する間に血行を促進する効果を与えることによってダイエットに大敵である余分な老廃物を外に排出する流れを作ってくれます。さらに梅干しには特有の成分パニリンと呼ばれる成分があり、この成分を摂取すると体内の脂肪細胞に作用して分解を促すことによって体内が本来持つ脂肪を分解する力が吸収しやすい形に変化させることによってカロリーを消費してくれるのです。

梅干しのダイエット効果をアップする方法

梅干しを食べるだけでも十分なカロリー消費効果を発揮しますが、そのカロリー消費効果をより高める方法があるので知っておくと便利です。その方法というのが梅干しにはカロリー消費を促すパニリンという成分が含まれているといいましたが、実はパニリンは梅干しの細胞膜に包まれているため10回以上を目安によく噛まないと抽出できないです。そのパニリンをよく噛まなくても抽出できる方法というものがあり、それが梅干しを直火で焼くことです。梅干しをグリルもしくはオーブントースターで焼き目がつくほどに焦げ目をつけると、梅干しの細胞膜が壊れるとともに加熱によってパニリンが刺激させることで数を増やし何もしないで食べるよりも多くのカロリー消費を促してくれます。

梅干しの効果をアップさせるレシピ

梅干しを食べることによってダイエット効果を得られますが、ただ梅干しはとても酸味が強いため食べづらい部分もあります。そこで梅干しの効果と食べやすさを考えて、さらにダイエット効果を引き上げるレシピを紹介します。そのレシピが梅干しのおかか和えです。梅干しを焼いた後に種を取り除き包丁でたたいてペーストにし、オクラを塩で板づりをして熱湯で柔らかくなるまでゆでたら冷水に入れて色止めをし一口大に切ります。そしてペースト状にした梅干しとオクラを混ぜた後に、かつお節と醤油もしくはポン酢をあえて出来上がりです。オクラには水溶性食物繊維が含まれており、体内で吸収される余分な糖質を制限してくれるのでパニリンの効果と相まってカロリー消費を促すとともに酸味を抑えてくれて食べやすくなります。

梅干しでカロリー消費をするうえでのまとめ

梅干しに含まれているカロリー消費を促す成分と栄養素によって、確かにダイエット効果は高い食品であることに間違いはないです。ただし一つだけ注意点があります。それは梅干しは塩漬けの保存食なので、あまり食べ過ぎると塩分過多となり肝臓や腎臓に負担がかかってしまいます。しかし塩分を気にしすぎて塩分調整にものを購入すると、塩分調整されているものは水分で塩分を落としているのでクエン酸が落ちているので効果が半減してしまいます。そこで梅干しでカロリー消費を促すために食べるためには、梅干し本来の作り方をしているものを選んだうえで1日に食べる量を朝と昼と晩で1粒ずつ食べる量を守れば肝臓や腎臓に負担をかけずに効果を得られます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう