女性にぴったりの効能を持つ梅干しが今人気 - 梅干しの日 2018年7月30日 -

日本ではその殺菌効果などに期待してお弁当によく用いられる梅干しですが、実は女性に嬉しい効能がたくさんあります。ただたくさん摂取するのではなく、適切な量を守ることが大切です。

-AD-

日本では古くから親しまれている梅干し

日本では日の丸弁当が親しまれていることからも分かるように、日本人と梅干しの関係性は密接なものがあります。お弁当によく入れられる理由としてはその高い殺菌作用を持つことが挙げられます。梅干しに含まれるクエン酸が細菌やウイルスなどに力を発揮し、これらの成分を撃退します。その結果、お弁当に入っている他のおかずが腐ることも防ぐことができます。口内の細菌にも作用するので口臭予防効果も期待できます。さらにはインフルエンザウイルスを撃退する働きを明らかにされており、健康において欠かせない食材となりつつあります。その他にも女性の美容の関する効能や疲労回復など様々な効果を期待できる食材と言えます。

梅干しの女性に嬉しい効能とは

梅干しには特に女性が喜ぶ美容の効能が目白押しです。まず梅干しには梅ポリフェノールという血液をサラサラにする成分が含まれています。血液がサラサラになることで血液循環が改善され、肌の血色が良くなります。肌の血色が与える印象は意外と大きく、肌が明るくなるだけでも良い印象を持たれやすくなります。梅ポリフェノールには女性ホルモンと似た効能があるので、肌をみずみずしく保ったり、女性の脱毛を防いだりする働きにも期待ができます。また、女性を悩ませることの多いですが骨粗しょう症に対する効能にも研究が進められており、免疫力向上効果と併せて健康を維持するにはうってつけの食材です。おにぎりやお弁当など摂取の手段に恵まれていることもメリットです。

まだまだある梅干しの効能

梅干しにはミネラルがたくさん含まれています。ミネラルは肌の細胞分裂を行う上で重要な成分であり、ミネラルを摂ることは美肌に繋がります。酸っぱいイメージのある梅干しですが、実はアルカリ性の食材です、人々が日頃よく食べている卵やお米は酸性の食材であり、そのままでは酸性に寄りやすいという問題が発生します。そこでアルカリ性の梅干しを食べることで体内が中和され、女性の肌トラブルを防ぐ効能が期待できます。梅干しにはクエン酸を始め、フマール酸、グルタル酸性などの有機酸が含まれていて、これらには疲労物質の産出を防ぐ効能があります。そのため、日頃から梅干しをしっかりと摂取していれば疲れにくい体となっていきます。

梅干しを摂取するときの注意点

梅干しには優れた効能が多数ある一方で注意しておかなければならない点もあります。大切なのは食べ過ぎないことです。梅干しは塩分濃度の高い食材です。塩分は人間が活動する上で必要不可欠な成分である一方、摂りすぎには注意が必要な成分です。体内の塩分濃度が高まるとそれを薄めようと水分を蓄えるようになり、女性の大敵であるむくみの原因ともなります。もちろん、1日の摂取量を適量にしておけば問題はありませんが、1回の食事で何個も何個も食べないようにしましょう。梅干しは食べ合わせも重要な食材です。鰻などの油の多い魚と梅干しを食べ合わせることは胃への刺激が強くなります。従来のようにおにぎりやお茶漬けとは相性抜群なので組み合わせがポイントです。

梅干しは適切な量を守ることが大切

梅干しは女性の美容と健康を支える重要な食材です。昔は梅干しの強い酸味が苦手という方も多かったですが、今は蜂蜜などを用いた甘い梅干しが登場し誰でも食べやすくなっています。レモンなどの柑橘類を始めとして酸っぱい物の多くは酸性に分類されますが、梅干しは貴重なアルカリ性の食材です。また、女性の多くが必要としているミネラルもふんだんに含まれています。梅干しは適度な摂取量を守ることでその効能を上手く活用することができます。すぐに効能を得たいからと言って一気にたくさんの量を摂取しないように注意しましょう。お弁当に入れてみたり、お茶漬けの具として使ったりするだけでも十分のその効能が期待できます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう