梅干しを使ったおすすめの料理レシピ - 梅干しの日 2018年7月30日 -

梅干しは日本人に愛されている食品です。酸味と梅の香りが白いご飯にぴったりです。しかし料理につかうものおすすめです。アレンジ次第でいろいろなメニューを作ることができます。

-AD-

そのまま食べるだけじゃないおすすめ料理

梅干しはそのまま食べてもおいしくご飯のお供にぴったりです。梅干しとごましおのおにぎりは酸味と黒ゴマの香ばしい風味がおいしい定番料理です。しかし、梅干しを使ったアレンジ料理にするのもおすすめです。梅干しに含まれるクエン酸は疲れを取ってくれる効果があります。また、夏場にはたくさんの汗をかきますので、失った塩分を補給するのにも最適です。すっぱくてさっぱりした味は、食欲のない夏場にもよいでしょう。また、彩りもよくお弁当の一品にもおすすめです。梅干しの味を活かした料理なら面倒な味付けも不要で、失敗知らずの簡単料理です。普段梅干しを購入しても食べ切れない人も、さまざまなアレンジ料理に使っておいしく食べ切りましょう。

梅干を使った簡単炊き込みごはん

梅干しを使った炊き込みご飯はほんのりピンクに色づいて春にぴったりの炊き込みご飯です。さっぱりとした酸味と梅の香りが食欲をそそります。作り方はとても簡単です。といだお米に昆布だしをいれます。分量は通常のお米を炊くときと同じです。そこにたたいた梅干しを入れます。そのとき種も一緒に入れましょう。種周辺にもおいしい梅干しの果肉がついています。そのまま通常通り炊飯器で炊きます。梅干しの塩分と昆布のうまみが出ていますので、味付けは不要です。もし、梅干の塩分が少ない場合は、ほんの少し白だしをたしてもよいでしょう。また、シラスを入れてもおいしいくできます。簡単でおすすめの梅干しを使った料理です。

豚肉のさっぱり梅干し焼き

梅の酸味が程よく飛んで、あっさりして食べやすい料理です。食欲のない夏場にもおすすめです。作り方は、豚肉の薄切りを食べやすい大きさにカットします。次に梅干しをたたいて種を取り除きます。少量の油を引いたフライパンで豚肉を炒め、色が変わってきたらたたいた梅干しを入れて混ぜます。最後に火を止めて塩昆布を混ぜ合わせれば完成です。味が足りないと感じる場合は、少しポン酢をかけてください。栄養満点の豚肉と疲れを取ってくれるクエン酸がたっぷり取れるおすすめ料理です。脂分の多い豚肉も梅干しがさっぱりとさせるので、食べやすい一品です。お好みでたまねぎやきゃべつなど野菜を一緒に炒めてもおいしいです。

さっぱり食べる梅干し和え

さっぱりして夏の晩酌におすすめの梅干しを使った料理です。きゅうりを千切りにします。次に鶏のササミか胸肉を湯がき、細かくします。梅干しをたたいておきます。それを混ぜるだけで完成です。簡単ですぐにできるおつまみになります。きゅうり以外でも水菜や豆苗など食感がよく生で食べられる野菜なら何でも使えます。鶏のササミはコンビニなどで販売されている、蒸し鶏と使ってもよいでしょう。暑い夏場にはできるだけ火を使わずに料理をしたいものですが、そんなときにおすすめのメニューです。また、調味料はなくても梅干しの味がしっかりしているので、おいしく食べられます。お酒のお供にも、食事のつけ合わせにもおすすめです。

梅干しを料理につかうのもおすすめ

梅干しを使ったアレンジ料理はたくさんあります。また、アイデア次第でさまざまなものを作ることができます。また、定番のメニューでは焼いた鶏ササミ肉にたたいた梅をつけるだけの簡単なものや、だし巻き卵に入れるなどしてもおいしいでしょう。鰹節が入ったものや、紫蘇が入ったもの、はちみつでつけているものなど種類がさまざまです。また、果肉が厚く大きなものやカリカリ梅などお好みのものを選んでアレンジレシピに挑戦してみましょう。火を通した梅干しは酸味がまろやかになるだけでなく、香りやこくが強くなります。もともとの梅の味を活かして味付けをしなくてもおいしく食べることができます。そのまま食べるだけでなく毎日の料理にも活躍してくれます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう