梅雨 6月~7月

梅雨の起源や語源、歴史、
また時期や気象など梅雨に関することを解説。

-AD-

言葉の起源は中国から

梅雨は、中国から伝わった言葉で、伝わった当時は「ばいう」と読まれていましたが、日本では江戸時代頃から「つゆ」と呼ばれるようになりました。いろんな説があり、中国でカビの生えやすい時期の雨という意味でこの言葉が使われていたという説があります。

カビという漢字は「黴」という字で、これは音読みで「ばい」となり、「ばいう」としていましたが、カビでは語感が悪いために、同じ字を使った「梅雨」になったとする説があります。また、梅の熟す時期の雨という意味で、元々「つゆ」と呼ばれていたという説もあります。日本国内でも説が複数あり、「露」からきているという由来と、梅の実が熟し、潰れる時期であることから、「潰ゆ」と関連付けられて使われるようになったという説もあります。

梅雨入りの時期について

梅雨入りには明確な特定の日はありません。季節の変わり目の数日間の概ね真ん中の日を指しており、気象庁が梅雨入りを発表する際にもこの認識で行われています。

梅雨入りが発表されてもしばらく雨が降らなかったり、逆に発表がされていないのに雨の日が続くこともあるのは、過去のデータの統計値からおおよその季節の変わり目の時期を出し、その真ん中付近の日を梅雨入りの日として発表しているため、実際の天候と発表の時期が微妙にずれたりするという訳です。尚、日本国内では、北海道は梅雨がありません。北海道にも大雨が降ることはありますが、つまり気候学的な観点からの見解ではないとされています。従って本土のじめじめを嫌って快適さを求め、この時期に北海道旅行をする人も多いです。

この時期の気象の特徴について

年によって傾向が違いますが、梅雨入りが発表された当初は比較的雨が続くことが多いです。ただし、期間中にずっと雨が降るわけでなく、「中休み」と呼ばれるような期間もあって数日雨が降らない日が続くこともあります。

ただし、非常に蒸し暑い日も多くなります。大雨の翌日などは濡れた地面に太陽が照りつけ、湿度が上がるからです。真夏ほどの暑さはまだありませんので、大雨の翌日などに地面の水たまりが1日で乾いてしまうようなこともないため、雨が降らなくてもむしむしとした日が数日続くことになるわけです。そしてまた雨が降り、徐々にこの時期も後半に近づくと局地的な大雨が降ることがあります。そしてその時期を過ぎればようやく梅雨明けとなり、本格的な夏が到来します。本州では7月の中旬から後半あたりです。

梅雨という名称に関する由来

梅雨と考えられる気候は、日本列島では有史以来より続いていましたが、中国から文字に関する文化が伝来してからは、明確な名称で呼ばれるようになりました。

語源については様々な説が提唱されていますが、植物の梅に関するものが多くなっているのが特徴です。この時期には梅の実が完熟して、甘い香りを漂わせて、多くの家庭で利用するようになります。同時に雨の日が多くなり、食べ物を保存するために梅を利用することも多いために、人々の生活の中で密接な関係を築くようになったと考えられます。中国の場合には発音は違っていますが、日本と同様に梅雨という漢字を使っています。

このことから、温暖で湿潤な気候が特徴の東アジア地域の文化にとって、重要な意味合いを持っていることにもなります。

梅雨の文化にまつわる由来

長年の歴史の中で、梅雨の時期には様々な伝統が生まれ、後世の時代へと受け継がれてきました。この時期には梅干しを作る伝統が昔からありますが、途中でカビが生える場合には、非常に縁起が悪いといわれてきました。

この影響で、各家庭では温度管理を入念にして、土用干しまでの期間中には細心の注意を払っていました。俳句の世界では、この時期に関する季語も数多く考案されて、文学の分野でも幅広い影響を広げてきました。蒸し暑い季節ですが、風流な季語を豊富に知っている人は、一流の教養人としても評価されます。子供からお年寄りまでの世代は、中国から由来した暦の伝統を受け継ぎながら、日本らしい文化としても継承してきたのです。この時期の最終局面には、土用の丑の日を迎えて、夏へ向けた準備をする伝統も受け継がれています。

暦の考えで調べる梅雨の由来

梅雨の由来は、中国で生まれた暦の文化とは深い関係を持っています。季節を24種類に分類する方法としては、二十四節気というものがあり、今でも天気予報などで頻繁に紹介されています。

梅雨の時期に関しては二十四節気の中では芒種から大暑のあたりに相当しますが、日本で生活してみると気候にはズレが生じていることが分かるはずです。二十四節気は中国の気候に合わせて作られているため、日本の6月頃の天気と比較しても、全く同じではないのは当然のことです。そのため、日本では雑節という暦を作り、梅雨の季節には入梅を付け加えたのです。八十八夜は新茶の茶摘みが有名ですが、次の入梅の時期には梅の収穫をする風景が各地で見られるため、梅雨の由来に関連する風物詩として親しまれています。

梅雨の語源と由来とは

梅雨は夏の始めごろ日本の上空の東西南北に高気圧の気団ができて、その気団におされてできた横長の雲の塊から降る雨のことです。この横長の雲を梅雨前線と呼び、およそ1ヶ月から1ヶ月半ほど続きます。

梅雨と書いてバイウとツユと二種類の読み方があります。バイウはうなずけますが、ツユは不思議です。この違いを見ていくと、梅雨の語源やツユの由来がわかりやすくなってきます。

バイウはもともと中国からのことばで夏の前の長い雨をバイウと呼んでいました。長雨の時期はじめじめして黴(カビ)が生えやすく黴は音読みでは、バイとも読みます。それがバイウとなりましたが黴菌はイメージがよくないために、ちょうど梅の実が熟す時期でこの梅を使ってバイウとなったという説があります。また梅の実が熟す頃の雨という説もあります。

ツユの語源と由来の方は

日本では夏の初めの長雨を五月雨(サミダレ)とよんでいて、古今和歌集ま、新古今和歌集にその名が登場しています。五月雨のサは陰暦の5月で減産の6月にあたり、ミダレは水垂れを意味する日本のことばです。

それが江戸時代になってツユと呼ばれるようになりました。当時の学者の貝原益軒と貝原好古が作った日本歳時記の中に長雨をツユと呼ぶくだりがかかれています。

そのツユの語源や由来には、複数の説があります。雨が降り続く湿っぽいことを、ツユケキということばを使っていました。このじめじめした季節をツユケキ季節と呼びツユになったといった説外用あります。また長雨の頃は湿気が食べ物や衣類に黴(カビ)が生えて、腐ったりいたんだりしてしまいます。このいたんだりダメになったりすることをツイユといっていました。このツイユがツユになったという説です。

梅の雨にはたくさんの意味

梅雨の語源や由来には諸説あって解明されていないところも、興味深いところです。その他日本では梅の実が熟す頃の果実が熟したり、草木が芽吹いたりすることをツハルるとよんでいました。このツハルがツユになったといった説があるようですが、日本ではまだ青い身のままなので梅のツハル雨は少しずれているところが気になります。

また毎日のように降り続く雨に毎日の毎が梅になったという説や、降る雨の量が普段の倍以上の量なので倍雨から梅雨になったなどがあります。

梅雨の時期が始まると梅雨入りや入梅といい、春の終わりでもあります。入梅はおよそ現在の6月上旬の頃で水を必要とする田植えの時期の目安にもなります。
語源や由来をみていくと、梅雨(バイウ)ということばは中国からの外来語で、日本には五月雨やツユが似合います。

梅雨に行われてきた伝統的な儀式

日本の長い歴史の中で、梅雨の季節は農作物を育てるために重要視されてきました。この時期に十分な雨が降ることによって、種蒔きを終えた直後の作物は大きく育つようになり、やがては十分な大きさの果実や葉を成長させることになるわけです。

十分な量が降れば誰でも満足できるのですが、年によっては雨量が全く足りないこともあるため、各地では雨乞いの神事が行われてきました。雨乞いの儀式を通じて、神々や自然を敬う精神が養われ、日本らしい文化が根付いたのです。今でも渇水が続く場合には、雨乞いの儀式が行われているため、現代人も困ったときには神頼みをしているわけです。

これらの風習は時代ごとに順応して、新たな世の中の変化に対応しています。そのために、時代が変わっても人々の心の中に残り続けているのです。

梅雨は陽が最も強まるとされる時期

梅雨に関しては、季節を5種類に分類する陰陽五行の世界では、陽が最も強まる時期と考えられています。二十四節気の分類では、芒種や夏至の時期を挟むことになります。

陽が強まるということは、逆に考えれば陰が弱まることを意味しています。中国から伝わる歴史の中で、昔の日本人も陰陽消長に関心を向けていたのです。芒種から始まって、途中には入梅を迎えることになりますが、夏至に到達する頃には人々の考えも変わってきます。本格的な夏に向かって体の準備をして、それぞれの生活を充実させる必要があります。

農家では除草や用水路の管理で忙しくなりますが、一般家庭では梅干し作りを行うことも重要でした。陽が強まる時期ですが、湿気に関しては非常に多くなるため、一般家庭では乾物の整理を行う伝統も根付きました。

蒸し暑い気候を上手に利用

梅雨の蒸し暑い気候は、歴史的に見れば日本人には多くの恩恵をもたらしてきました。温暖で湿潤な気候は、稲の生育環境と見事に適合するため、日本では稲作文化が発達したのです。

一方で、東北地方では山背による冷害で苦しめられることが多かったために、食料を保存する知恵も発達しました。高温多湿な気候は不快ですが、発酵食品を醸すために必要な細菌や酵母にとっては好都合ですから、日本では醤油や味噌などの伝統食品が生まれました。カツオ節や黒酢などの発酵食品についても、蒸し暑い梅雨の時期でも食べ物を保存するために、先人たちが苦心して編み出した知恵です。梅干しについては、微生物が関与する発酵食品ではありませんが、製造する風景はこの時期には欠かせない風物詩になっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう