服装を工夫して梅雨を乗り切る - 梅雨 6月~7月 -

梅雨を工夫して乗り切る方法についての解説。梅雨だから着る明るい色や汚れないように過ごす方法。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

外と中の温度差に注意

梅雨の服装は、決めるのが難しいものです。梅雨の季節は外はモワッと熱いのに、室内に入るとクーラーが効いていて涼しいことが多いので、服選びに気を使います。

通気性の良い涼しいトップスに、長袖のカーディガンを持ち歩けば、熱いところにも涼しいところにも対応できそうです。自分を包む温度の変化が激しいと体に良くないので、上手に対応して体調を崩すことなく梅雨明けを迎えてほしいものです。

初めて行くお店や会社はとくに、その中の温度がいくつに設定されているかわからないので注意が必要です。クーラーが効きすぎて寒いという場所もたくさんあります。そんなところに薄着で行くと体に毒です。足も冷やし過ぎると良くないので、短いボトムスを着用する時は、まわりの温度の注意しましょう。

雨で汚してしまったらもったいない

梅雨の時期は文字通り雨が多く、濡れた地面を歩く日が続きます。長いスカートやパンツを履く際には、自分が歩いた時に地面の水がはねて、自分の服を汚してしまうことがあるので気をつけましょう。白やベージュなど汚れが目立ちやすいものの着用は避けた方が良いでしょう。黒や紺など、地面の雨水がはねてかかってもわからないような色にするのが無難です。また白のソックスや靴も汚れがつくと目立ってしまうので、雨の日に履くことはおすすめできません。

自分の手持ちのアイテムを長持ちさせるためにも、雨の日の服装には気を配りましょう。雨のせいで服が汚れてしまったら、ただでさえ気が滅入る梅雨なのに、さらに落ち込んでしまいそうです。黒い靴やボトムスは普段も臨機応変に対応できるだけではなく、雨の日にも活躍します。

梅雨だからこそ明るい色で

雨で服を汚してしまうのは嫌ですが、汚れても目立たないような暗い色ばかり着ていると気分も暗くなってしまいます。町を見渡しても、青空は出ていないし、道行く人の服装を見ても暗い色ばかりでは、町全体がどんよりしてしまいそうです。

汚れやすい足下は暗めの色にしても、トップスや膝上のボトムスは明るい色にしてみるのも良いかもしれません。膝上ぐらいであれば水がはねてくることもそう無いので、明るい色や淡い色を着ても大丈夫です。夏も近いので、派手な色や柄のもの着てみるのも、気持ちが高まるでしょう。梅雨の時期でも、町が明るい色に溢れていたら素敵ですね。梅雨は気分落ち込みやすい季節ともされているので、自分の好きな服装で気分を上げていけるように、上手く服を選んでじめっとした季節を乗り切りましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう