梅雨の天候の違いによってもたらされる現象 - 梅雨 6月~7月 -

梅雨と天候の違いによる現象の解説。空梅雨が続く場合の問題と冷涼な梅雨の特徴について。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

空梅雨の天候が続く場合に発生する問題

前線の活動が鈍い場合には、梅雨の晴れ間が続くようになり、真夏のような暑さが続く場合があります。このような場合には空梅雨と呼ばれることが多くなりますが、晴天の日が多いのは良いことばかりではありません。

雨が少ないことが影響して、各地のダムでは貯水率が大幅に減少して、夏場には渇水に見舞われる可能性が高まります。さらに、農業用として使われる用水についても、厳しい取水制限が行われることがあるため、大きな影響を受けることになるわけです。このような天候が長続きする場合には、夏物の衣料や食品の売上が増えるというメリットも得られますが、熱中症のリスクは増大します。

空梅雨に対処するためには、節水を十分な形で行いながら、上手に資源を活用していくことが重要です。

梅雨前線の活動が非常に激しくなる現象

何らかの影響で前線の活動が非常に活発になる場合には、各地では長雨の天候が続くことになります。適度な量が降ることは大事ですが、あまりにも多くの降水量になれば、各地では災害が発生します。

通常の場合では前線の活動は緩やかですが、南側から湿った空気が流入する場合には、局地的には猛烈な集中豪雨になることがあります。このような現象は梅雨の末期に起こることが多いのですが、台風の影響も無視できません。台風は非常に多くの水蒸気を持っているだけでなく、暖かい空気も運んでくるため、上空に寒気が残っていれば大気の状態が不安定になります。

台風が接近する前から大雨が続くようになるため、本体が上陸しなくても大きな被害が発生することがあります。このような雨に対処するためには、日頃から避難の訓練や食料の備蓄をしておくことが大切です。

冷涼な天候が続く梅雨の特徴

梅雨前線は、オホーツク海高気圧と太平洋高気圧の間で発生しますが、実際の天候は勢力によって大きく左右されます。

オホーツク海高気圧の勢力が強い年には、北側から冷たい空気が流れ込むようになるため、関東から東北地方の太平洋側にかけては冷涼な天候が続きます。このような天候が続くときには、南方の太平洋高気圧は後退していることが多いですから、蒸し暑さとは無縁になるわけです。オホーツク海高気圧からの風によって、梅雨寒と呼ばれる状態が長く続いてしまうため、米などの農作物への影響は非常に大きくなります。

本来の稲は温暖で湿潤な天候を好む性質があるため、山背の影響で冷害に見舞われることは過去に何度もありました。経済の分野では、ビールなどの売上が減少するため、様々な場面で弊害が出ることになります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう