梅雨とは密接な関係を築いている台風 - 梅雨 6月~7月 -

梅雨と台風の関連について解説。梅雨時期の台風の脅威と豪雨や突風につyいての解説。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

梅雨の時期にも通過する台風の脅威

梅雨の季節は、本格的な台風シーズンと呼ぶには早いのですが、全く影響がないわけではありません。6月頃に上陸することは稀であっても、間接的な影響を及ぼすことは過去に何度もありました。

前線が日本列島に停滞している中で、湿った空気を大量に供給することになるため、ときには甚大な災害を発生させることもあるのです。この時期には、太平洋高気圧の勢力がオホーツク海高気圧と押し合う状況ですから、一時的には通り道ができることも考えられます。何らかの影響で直撃した場合には、稲などの農作物に影響を与える可能性が高まります。まだ警戒心が薄い時期ですから、不意打ち的に被害を受ける可能性がありますが、予報を的確に調べていれば対処できます。

さらに、毎日のように気候に敏感になれば、減災につなげることができます。

梅雨明けの頃に到来する台風

7月の中旬頃になると、多くの人たちは梅雨明けの時期に関心を寄せるようになります。この時期には集中豪雨が発生しやすいことが知られていますが、問題は高気圧の勢力の違いによって変わってきます。

台風が南側から北上する段階では、一緒に前線を押し上げる場合があり、この影響で晴天の天気をもたらすことがあるのです。非常に暖かくて湿った空気を運んでくるため、気温も大幅に上昇して、一気に真夏の暑さが到来することも珍しくありません。このような変化は毎年のように違ってくるもので、世界的な気候変動の影響も受けています。

冷夏の時期に発生する場合があれば、比較的に暑い季節に通過することもあるため、毎年のように多角的な分析が必要です。この時期に上陸する場合には、梅の土用干しが行えないことがあるため、庶民の生活にとっても大きな影響を受けます。

台風の湿った風で発生する豪雨や突風

台風が接近している場合において、暖湿流が梅雨前線を刺激すれば、各地では大変な豪雨が発生します。今ではゲリラ豪雨と呼ばれることが多いのですが、本当に予測することが難しいのです。

ゲリラ的に発生するため、晴天の地域の隣では豪雨になっていることも珍しくありません。台風からの湿った風の影響で、大気の状態は非常に不安定になりますから、局地的には竜巻などの突風が発生することがあります。大気が不安定なことは予想できますが、実際にどこで竜巻が発生するかについては、予想することは極めて困難です。そのため、梅雨前線の停滞中に台風の影響が及んでいる場合には、万全の対策を行う必要があります。

庭には飛びやすいものを置かないようにして、雷鳴が聞こえた段階では早めに避難することが大切です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう