残暑見舞いとは?送るタイミングはいつから? - 残暑見舞い 2018年8月7日~8月31日 -

残暑見舞いを送るタイミングについて解説。残暑見舞いについてや、書き方のマナーなども解説。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

残暑見舞いって一体何?

「残暑見舞い」とは、一年の中でも暑さが厳しい夏の時期に、普段なかなか会うことのできない友人・知人、そしてお世話になっている方に、安否の伺いたてや近況を報告する季節の挨拶状を指します。似た時期に暑中見舞いもありますね。

頂いたお中元のお礼状としてや、結婚・出産・転居などの報告をするのにもちょうどよい機会です。また、学生の場合、長い夏休みに先生に近況報告を送ったり、逆に先生から児童・生徒にお便りを出すというのも良いでしょう。

企業・お店では、夏のおすすめ商品やセールなどの案内、お盆の休業日のお知らせを兼ねてもよいでしょう。いずれにしても、年賀状ほど一般的ではないため、この夏の便りを受け取った方は、珍しく感じて、その心づかいに喜ばれることでしょう。

残暑見舞いを送るタイミングは?

残暑見舞いを送るタイミングは、立秋から8月末にかけてまで。具体的に言えば、2016年の立秋は8月7日なので、8月7日から8月31日到着分までと考えると良いでしょう。ちなみに、似た存在である暑中見舞いは、梅雨が明けてから立秋前までとなります。

両方とも「夏の暑さが厳しい時期の安否伺い」の便りであり、暑さが厳しくなりはじめる7月20日以降を目安に、8月7日前後(立秋)を境に切り替えると良い、と覚えておくとよいでしょう。ですので、お盆の時期にめがけて送付するのであれば残暑見舞いを、7月末から8月頭にかけてであれば暑中見舞いという区分で覚えておけば分かりやすいことと思います。

既に印刷されたハガキを購入する際は、間違えて購入しないよう注意しましょう。

残暑見舞いの書き方について

さて、残暑見舞いの書き方に移りましょう。暑中見舞いと同じく、季節の挨拶(残暑・暑中お見舞い申し上げます)・相手方の安否をたずねる言葉・自身の近況を伝える言葉・相手方の無事を祈る言葉、そして最後に日付を記入します。拝啓・敬具などの頭や結びの語句は不要です。

日付に関しては、「◯年 晩夏」とだけ記しても良いでしょう。(または立秋・葉月と書く方もまれにいらっしゃいます)

安否をたずねる言葉・無事を祈る言葉の例文としては、「立秋とは名ばかりの暑い日が続きますが、どうぞお元気で過ごされるよう」や「炎暑が続き秋が待ち遠しい日々ですが、お元気でいらっしゃいますか」「暑さはおさまる気配もございません。御身大切にお願い申し上げます」などが適切です。暑い時期ですので、長くなりすぎずシンプルにおさめると良いでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう