残暑見舞いに贈ると喜ばれる贈り物について - 残暑見舞い 2018年8月7日~8月31日 -

残暑見舞いと贈ると喜ばれるものについて。残暑見舞いを贈るタイミングやハガキ以外の贈り物、夏を感じる贈り物など。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

送るタイミングについて

暑中見舞い、残暑見舞いとは、1年で最も暑い時期に、相手の安否と健康を気にかける風習の事で、現在はがはきでの挨拶が主流となっています。
ただ、いつ残暑に切り替わるのかそのタイミングが分からないという人も少なくありません。
暑中見舞いというのは梅雨明けから8月7日頃の立春までの期間に送るものです。
立春を過ぎれば残暑となります。
立春以降はいつ残暑見舞いを送っても良いかといえばそうではなく、8月中に送る事が望ましくなります。
はがきで挨拶をする場合、夏の表現に注意をしておく事が大切です。
立春までは盛夏となりますが、立春を過ぎれば晩夏となります。
ですから、はがきで挨拶をする場合、暑中と残暑の違いだけでなく、文面の言葉遣い等もしっかりと意識をしておく事が重要になってきます。

現在ははがきでの挨拶が主流ですが

残暑見舞いといえば、はがきで挨拶をしておけば良いと考える人も少なくないでしょう。
確かに、はがきを送るだけでも、相手の安否と健康を気にかけている事を伝える事が出来ます。
ですが、それ以外にも、日頃の感謝の気持ちを込めて、暑い時期に贈り物をするという事もおすすめです。
7月頃にはお世話になった人にお中元を贈るという人も多いでしょう。
その場合、お中元との違いが分からない、何を選べば良いか分からないと悩んでしまう人も少なくありません。
確かにお中元と近い時期になる為、殆ど変わらないギフトしか選べない状態になるという人は少なくありません。
そんな時は、相手に喜んで貰えるものは何かをしっかりと考えて選ぶ事がおすすめです。
もしくは、夏らしさにこだわってみるという事も有効です。

夏らしさを感じる贈り物とは

残暑見舞いに贈る贈り物に決まりはありません。
そんな中で、少しでも夏らしいものを選びたいと考えたら、ジュースやアイスコーヒー等、冷たい飲み物や、季節のフルーツ等がおすすめです。
季節に合わせたものを選べば、贈り物からもその季節を感じる事が出来ます。
ただ、相手の好みが分からないという時は、商品券やカタログギフト等、無難なものを選んでおいても良いでしょう。
そんな残暑見舞いの贈り物の傾向の一つに、お中元に比べてささやかなものという事があります。
予算は贈る相手によっても変わるという人が殆どですが、相場では3,000円程度が主流となっています。
お世話になっている人に、暑い夏にも感謝の気持ちを伝えたいと考えたら、こうした残暑見舞いの贈り物をしてみる事がおすすめです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう