残暑見舞いとしてのお中元はいかがでしょう - 残暑見舞い 2018年8月7日~8月31日 -

残暑お見舞いとお中元ついて解説。そもそも残暑見舞いとは?暑中見舞いとの違いについて。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

残暑見舞いとはなんでしょう

8月に入ると夏の暑さも本格的になり、日中の日差しの強さにぐったりしてしまうほどです。気温もぐんぐんうなぎ登りで、地域によっては猛暑日どころか40度を超える暑さのところも出てくることがあります。

暑さは体力を奪うだけでなく、気力さえも奪っていきます。「何もやる気が起こらない。」「何となくからだがだるい。」といった症状が見られたらそれは夏バテかもしれません。

そんな時期だからこそ、日頃なかなか会えない人の様子は気になるところです。「元気にしているだろうか。」「体調を崩していないだろうか。」といったことや「暑さを乗り切ってがんばろう。」という気持ちを伝えるのが残暑見舞いです。

ハガキを送るのが一般的ですが、ハガキの代わりに品物を届けるのも残暑見舞いには変わりありません。

暑中見舞いと何が違うのでしょう

暑中見舞いという言葉も耳にすると思いますが、残暑見舞いとの違いをご存じですか。相手を気遣い、近況報告をするのはどちらも同じです。相手に送る時期によって呼び方が変わってくるのです。

暑中見舞いは立秋の前日までに送るのが一般的です。立秋とは暦の上では秋という位置づけになりますが、8月の上旬です。夏真っ盛りの時期ですね。立秋を過ぎたら、暑中見舞いではなく残暑見舞いになります。ですから、もし暑中見舞いを送りたいと思ったら、7月中に相手に送るのがよいでしょう。

ちょうど体調を崩しやすいのも8月に入ってからという人も多いでしょうから、相手の体調を気遣うには残暑見舞いがちょうどよいのかもしれません。もし、自分がもらう立場だったらすぐに相手に返事を送ることが大事です。

贈る相手のことを考えながら

残暑見舞いはハガキだけとは限りません。お中元としていつもお世話になっている人へ贈り物をするのはいかがでしょうか。お中元は相手の好みのものを贈るとよいでしょう。しかし、どんなものが好みかわからない場合もあります。その場合には季節を感じる食べ物などを贈ったらよいでしょう。

残暑見舞いは、夏の暑さを乗り切るための心配りとも言えます。ですから、ただ形だけで終わらせるというものではなく、相手のことを考えながら選ぶのがよいでしょう。もちろんハガキで送るもの一緒で、相手のことを考えながら手紙を書きましょう。文章が苦手な人は絵手紙などもおすすめです。

お中元として届ける場合にも、ひと言ねぎらいのメッセージなどを添えて贈ると相手もさらに喜んでくれること間違いないでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう