残暑見舞いの挨拶文の書き方やマナーについて - 残暑見舞い 2018年8月7日~8月31日 -

残暑見舞いの書き方マナーについての解説。残暑見舞いを出す必要性、挨拶文の書き方、その他の細かいマナーについてなど。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

残暑見舞いを出す必要はあるの?

あ、暑中見舞い出し忘れた。
個人的に、あるいは会社の取引先に対してこのようなことはありませんか。
猛暑が続きますが、立秋(8月7日ごろ)を過ぎれば、暦の上では暑中見舞いではなく残暑見舞いの時期となります。
出し忘れてしまったがために、そのままズルズルと暑中見舞いを出しそびれてしまう、そのようなことは避けましょう。
立秋を過ぎてしまっても、残暑見舞いを出すのが礼儀です。
残暑見舞いは年賀状よりも忘れられてしまいがちですが、暑さにうだる日々を労うために、ぜひとも送ってください。
特に遠方に住んでいる親類や知人には健在であることを知らせられますし、会社関係の人には、利益にならなくとも、そこで縁が切れてしまっては残念なことになりかねません。
今ではスマホで簡単に印刷も発注できます。

挨拶文はどうやって書けばいいの?

残暑お見舞い申し上げます。
まで書けば終わりではありません。
挨拶文は必要でしょう。
挨拶文は、挨拶ですから長々と書く必要はありません。
暑い日々、健康に過ごしているかを問うような文章で大丈夫です。
どうしても思いつかない場合は、インターネット上の例文集などを参考にしてみましょう。
また印刷を発注する場合は、いくつかの挨拶文がテンプレートとして用意されている場合もあります。
例文やテンプレートを使ったからと言って、受け取った相手は怒ることはまずないでしょう。
要は残暑見舞いを送る気持ちが大切なのです。
残暑見舞いのデザインは、今では老若男女それぞれに合わせたデザインが多彩にありますね。
デザインは送る相手を選んで用意しましょう。
郵政公社からくじ付きの残暑見舞いもありますね。

細かいマナーはあるの?

暑中見舞いや残暑見舞いは挨拶文と住所氏名を書いて終わりにしていませんか。
挨拶文は当然ながら必要ですが、できれば近況も一言書いてあれば、送られた人も嬉しいと感じるでしょう。
親類や知人の場合、なかなか会えないとどうしているか分からないですからね。
結婚した、就職したなどの大きな出来事はその都度報告が必要ですが、休暇に旅行に行ったことなどを添えると良いですね。
相手が会社の取引先の場合は、プライベートなことではなく、「以前の研修会ではお世話になりました」などの仕事関係のお礼を書くと、取引先に好印象ですね。
もう一つ気をつけなければならないことは、文末の日付です。
暑中見舞いの場合は盛夏、残暑見舞いの場合は晩夏と年号の後に書きます。
暑中見舞いや残暑見舞いのマナーはこれくらいで、難しいことはありません。
気軽に送ることができる挨拶状なのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう