お盆の時期に送る残暑見舞いとはなにか - 残暑見舞い 2018年8月7日~8月31日 -

残暑見舞いと暑中見舞いとの違いや、残暑見舞いの書き方、残暑見舞いのマナーなどを解説。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

暑中見舞いと残暑見舞いの違いとは

8月は暑さも強く、まさに夏を代表する月です。8月と聞くと思いですワードといえば、お盆だったり、暑中見舞い、残暑見舞いだったりするのではないでしようか。

さて、暑中見舞いと残暑見舞いのちがいとは何なのか考える人もいるのではないでしょうか。そもそも2つの言葉の意味は同じです。夏の暑さが厳しいと、熱中症の心配もありますから外出を控える人が多いです。そんな残暑の時期にお世話になっている人や、友人に近況を報告する手段として手紙を送ったりします。やはり、誰かに気遣ってもらえるということはとてもうれしいです。暑中見舞いと残暑見舞いでは送る時期で言い方が違います。暑中見舞いは梅雨が明けてから立秋前までで、残暑見舞いは立秋から8月いっぱいまでです。できれば8月中に送るのが一般的です。

残暑見舞いの書き方とは

現在、メールやラインを使ってる人が多いです。そんな中、お盆の時期にふとペンを持ちはがきに何か書こうと思ったとき何から書き始めればよいのか、迷う人も多いです。

まずメールとは少し違い、冒頭の挨拶をしっかりと書きます。「残暑お見舞い申し上げます」などの決まり文句で良いです。意外に自分だけで考えてみると、その一文が思いつかないものです。
その次に、時候の挨拶や先方の安否を気づかう言葉を書きます。「厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしようか」という感じです。さらに、近況の報告、お礼、お知らせなどを書きます。例えば「おかげさまで、元気に過ごしております」など自由に報告します。次に終わりの言葉を書きます。「夏バテにおきをつけてお元気にお過ごしください」などです。最後に日付を書き終わります。

残暑見舞いのマナーとは

元々の意味をたどると、お盆に里帰りするときに、お供え物をご先祖様に持っていくという風習があります。今でも田舎のほうに行ってみるとお供え物をよくみたりします。そこから現在では、お世話になった人に贈り物をしたり手紙やはがきを出すようになったものといわれています。

いつ出すかで呼び名が変わってくるので、しっかり日にちをみて贈り物を出すようにしたら良いです。暑中お見舞い、残暑見舞いで使う表現にも注意が必要です。残暑見舞いで使う言葉は、「晩夏」「立秋」「葉月」などがあります。またその年の夏により暑さが違いますから、その時に合う言葉を使うとより良いです。

あと礼状は必ず書いたほうが良いです。感謝の気持ちを伝えると良いです。ハガキや手紙が届くと一段とうれしい気持ちになるものです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう