感謝の気持ちを伝えたい!母の日にはやっぱり花束 - 母の日 2018年5月13日(5月第2日曜日) -

-AD-

母の日とは

母の日とは、5月の第二日曜日に行うイベントの一つで、日頃お世話になっている母親に感謝の気持ちを込めたプレゼントや手紙などを贈る日の事です。日本やアメリカではこの月日に行う事が一般的となっていますが、世界中では違った月日に行う国もあります。

しかし、母の日は世界共通であり、母親に感謝の気持ちを贈りたい人々は多くいる、ということがよく解ります。

最近では、母の日に妻に感謝の気持ちを込めた贈り物を贈る方も多く、時代とともにそのスタイルは様々となっています。多く贈られている贈り物は、花束やケーキ・エプロンなどの女性が喜ぶような贈り物が選ばれていることが多くなっています。
普段は恥ずかしくて伝える事が出来ないような感謝の気持ちも、この日ならスムーズに伝えることが出来るという方も多いようです。

母の日に贈りたい花束

母の日には、花の贈り物をする方が非常に多くいらっしゃいます。現に、花屋さんの一番忙しい時は母の日となっており、母の日が近づくと毎日徹夜で作業する花屋さんも珍しくありません。それ程に、母の日には花の贈り物が選ばれており、最も喜ばれる贈り物であると言えるでしょう。

女性は元々花が好きですし、花束を貰った時の嬉しさは何事にも変えがたいものがあります。

普段は忙しく働き続けている母親も、花を見ると癒されますし、気持ちが明るくなってしまうのです。一般的に送られている花の種類は、カーネーションやバラ・アジサイとなります。どれも明るく美しい花を咲かせる姿が印象的で、特にカーネーションはこの時期に贈る花の代表と言っても過言ではありません。

よって、花束にはカーネーションを入れることをお勧めします。

花束にはメッセージカードを付けて

母の日に贈る花束には、是非メッセージカードを付けて贈ることをお勧めします。

もちろん、そのまま貰ってもとても嬉しいのですが、母親にとって子どもからのメッセージカードは何よりも嬉しいものです。特に子どもが大きくなってくると、なかなか子どもと母親がゆっくりと話す機会は少なくなってきます。子どもの気持ちを聞くことが出来る、ということは母親にとっては本当に嬉しいことなのです。

一行でも一言でも良いので、花束にはメッセージカードを付けて贈りましょう。

いつもありがとう・体に気を付けてね・お母さん大好き、などと普段は恥ずかしくて言えないようなことも、この日なら言える、という方も多いのではないでしょうか。
親は子どもの感謝の言葉を待っています。是非思いを込めて、贈ってみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう