自宅で簡単に作れる洋菓子レシピ - 洋菓子の日 2019年9月29日 -

美味しいお菓子はお店で買ったりカフェで食べるだけでなく、手作りすることもできます。
簡単な洋菓子レシピを覚えて素敵なティータイムやおもてなしの機会に使ってみましょう。

-AD-

基本の材料があれば簡単

洋菓子はどんなレシピにも必ずと言っていいほど登場する基本の材料をベースにして作られているので、自宅にストックしておけば気が向いたときにいつでも手作りすることができます。洋菓子レシピに欠かせないのは小麦粉、砂糖、卵、バター、牛乳で、スーパーで簡単に手に入るものばかりなので用意するのも楽です。

アレルギーがある人は洋菓子レシピの卵を抜いたり、牛乳を豆乳に替えたり、小麦粉の代用として米粉やじゃがいもを使うなどアレンジすることが可能です。砂糖の量も手作りなら自分で調節できるので、ダイエット中でも簡単にカロリー控えめな洋菓子が作れます。慣れるとレシピを見なくても暗記して調理できる洋菓子も多いので、チャレンジしてみましょう。

混ぜるだけのパウンドケーキ

パウンドケーキは4つの材料だけで作れる簡単な洋菓子の代表です。砂糖、小麦粉、バターを100グラムずつと卵2個が基本の材料なので計量も難しくありません。

卵を溶きほぐして、小麦粉はあらかじめふるっておきます。バター又はマーガリンを室温に戻して柔らかくしたら、砂糖を少しずつ加えて白っぽく空気を含ませるようによく混ぜます。卵を少しずつ加えて分離しないように混ぜ、小麦粉をふるい入れてヘラでさっくりと全体を混ぜ合わせます。生地をパウンドケーキ型に流して、180度に予熱したオーブンで25分から30分くらい焼いたら出来上がりです。好みでチョコチップやレモンの皮、バニラビーンズなどを入れても美味しく仕上がります。

子供と一緒に作れるクッキー

洋菓子レシピの中でも特に人気があるクッキーは、子供も一緒に作れるのが魅力で誕生日会やクリスマスパーティーのお菓子としても使えます。基本のレシピを覚えればチョコやナッツなどを混ぜて幅広くアレンジできるのも特徴です。

大きめのボールに室温に戻したバター120グラムと砂糖80グラムを入れて白っぽくなるまで混ぜ合わせます。溶いた卵1個を少しずつ加えて混ぜたら、小麦粉150グラムにベーキングパウダー小さじ半分を加えて一気にボールにふるい入れます。ヘラで切るように全体を素早く混ぜて、スプーンを水でぬらしながら生地をすくうような感じで天板の上にクッキーを成形して並べます。180度のオーブン中段で15分程度焼いたら出来上がりです。チョコチップやアーモンド、ドライフルーツ、シリアルなどを混ぜ込むと簡単にオシャレなアレンジができます。

ホットケーキミックスのアレンジ洋菓子

ホットケーキミックスは簡単な洋菓子レシピが何でも作れる便利なアイテムです。最初から小麦粉と砂糖、ベーキングパウダー、バニラエッセンスが粉末状に混ぜてあるので、卵と牛乳を加えるだけで簡単に洋菓子作りができます。

200グラムのホットケーキミックスに卵2個と牛乳カップ半分を加えてマドレーヌやマフィン風に焼いたり、牛乳を多めにして蒸せば蒸しパンが作れたり、生地を固めに仕上げてリング状にして油で揚げると自家製ドーナツもできます。クッキーやケーキのレシピの砂糖と小麦粉を代用するにも便利なので、計量をしないで簡単に洋菓子を作りたいときにも活躍してくれます。薄く伸ばしてクレープを焼くのもおすすめです。

簡単レシピをアレンジして洋菓子作り

基本の材料さえあれば短時間で簡単に美味しい洋菓子が作れるので、急な来客時や甘いものが食べたくなったときにも活用できます。シンプルなレシピでも、生地に混ぜ込むものを工夫したりデコレーションに凝ってみるとまるでお店の洋菓子のような素敵な仕上がりになります。

自分で作ればチョコレートたっぷりのケーキやナッツがたくさん入ったクッキーもリーズナブルにできて、カロリーを調整するのも簡単です。お店に売っていないような組み合わせの洋菓子が欲しいときや、イベント用のデコレーションケーキ、クッキーなども手作りなら自由自在にアレンジが可能なので、お気に入りの洋菓子レシピを見つけてお菓子の世界をもっと楽しみましょう。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう