浮気をしてしまう男性の性格や特徴 - 浮気 2020年7月1日 -

この世の中には浮気をする男性としない男性がいます。
してしまう人にはどのような特徴や性格があるのか、詳しく観察をすると見えてきます。正しい知識を身に付けておけば安心です。

-AD-

浮気をされて傷つかないために知っておくべきこと

信じていたのにパートナーに浮気をされて傷ついたとか別れてしまったというのはよく聞く話です。最初から浮気をするのではないかと心配していて、実際にされてしまったという人もいますが、思いがけずこのような事態に陥る人も少なくありません。浮気をしない男性はいないなどと古くからよく言われていますが、そんなことはないです。

する人としない人は割とはっきり分かれます。一度してしまうと二度・三度と繰り返す人が多いのも特徴です。事前にそんな性格や特徴を見抜くことができれば、注意をすることも傷つかずに済ませることも可能です。どのような性格の男性に気をつければ良いのか、痛い目を見ずに済むのか詳細な知識を身に付ける必要があります。

酒癖の良くない男性には注意が必要

浮気しやすい男性の特徴としてまず挙げられるのは、お酒が好きなことです。少し気分が良くなる程度にたしなむ分には問題ないですが、大きくハメを外す人や酔って人恋しくなるタイプは危険です。お酒が入るごとに女性に対して口説きたくなったり、ボディータッチが多くなる人は浮気をする可能性が高くなります。

お酒が入ると少し気が大きくなったり、おおらかになる人は多いです。そこに心のスキが加わると浮気をしやすい心理状況に陥ってしまうタイプがいます。このような性格を持っていると大体いつもそういった傾向が見られ、お酒の力がマイナスに働くことに大きな変化はありません。酒癖が悪いだとか酔って口説かれたという噂がある人には特に注意が必要です。

交友関係が広い人は浮気のチャンスも多くなる

交友関係が広いという特徴を持つ男性も注意が必要なタイプです。交友関係が広いと、出会いも当然多くなります。特定の彼女がいたとしても、出会う人数が多いほど好みのタイプに出会う確率も上がります。1人よりも10人、10人よりも100人の女性と会話をする方が、心が動いてしまう可能性が高まるのは当然です。逆におとなしく家にいるのが好きなタイプの方が、浮気をする可能性は低いです。

交友関係が広いと、性格も社交的になります。愛想が良く、誰とでも仲良くなれるタイプは一般的にモテるので、女性の方からアプローチをかけられることも多くなります。結果として浮気をするチャンスは増えるので、注意すべきです。一見して魅力的な性格が女性を引き寄せてしまう事はあります。

断るのが苦手なタイプも危険

何かと断るのが苦手なタイプは、相手に言い寄られたときにリスクが増します。このような性質の持ち主は自ら進んで浮気をする可能性は低いものの、女性側からアプローチをかけられたとき流されがちです。悪いと考えていても相手に詰められると罪悪感が薄くなったり、なんとなくズルズルといくことが多くなります。

優柔不断で決断を人任せにするところがあるため、浮気相手が良いと言えば良いのではないかと逃げ口上に使うことも多いです。仕事関係の付き合いが多かったり、周りに女性がたくさんいる環境に身を置く男性は特に注意が必要で、気づいたときには浮気心が芽生えていたというのはよくある話です。女性側気をつけねばならない点も多くなります。

浮気をされる前に正しい知識で身を守る

浮気をされてしまった後で後悔をしても、その事実を消すことはできません。浮気しがちな性格や特徴を持つ男性を知り、いくつも当てはまる人だと感じたら事前に避けておいた方が無難です。付き合った後に浮気をしてしまう性格や特徴に当てはまることに気づいたときは、先手を打って注意しなければなりません。

流されやすい人や交友関係が広い人、またお酒を飲んで人恋しくなったり、女性を口説きたくなってしまう人も要注意です。浮気しがちな人と付き合う時、きちんと目を光らせておかなければ、泣きを見るのは女性の方です。積極的に働きかけて出会う機会をできるだけ少なくしたり、お酒を飲みすぎないようにルールを設けたりするなどある程度の対策は可能なので、意識的に心がけた方が浮気を防ぐことができます。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう