浮気がばれた時のNGな謝り方や態度 - 浮気 2020年7月1日 -

浮気がばれた時の謝り方は大事です。素直に謝ることがとても大切ですし、
ふざけた態度をとったり自己満足な感じで謝るのも絶対にNGです。謝り方によって相手に許してもらえるかどうかが決まってくるのです。

-AD-

浮気をした時の謝り方や態度は重要

浮気をしてしまいそれがばれた時に自分がどう対応をするかによって今後の二人の関係は変わってきます。たとえ謝ったとしてもふざけた感じが出ていたり誠意が伝わらなかったら相手は許してくれません。でも本気で悪いと思っているのであればその気持ちは自然と出てきます。

本当に悪かったという気持ちを精一杯相手に伝えることが大事です。謝る時には相手の発した言葉によって口答えをしたくなる場合もあります。しかし、そういう時に口答えをしてしまったらだめです。相手の言葉をすべて受け止めて自分の悪さを認めとにかく真剣に謝ることが大切です。丁寧に謝ることで誠意を相手も感じてくれて許してもらえいまたいい関係が築けます。

とにかく素直に謝ることが大事

浮気をしてしまいばれた時の謝り方で最も大切なことは、とにかく素直に謝るということです。真面目に心から浮気をした自分が悪かったという態度でひたすら謝ります。最初は怒られてしまうかもしれませんが、とにかく心から謝り続けていたらだんだんと相手の気持ちは収まってきます。

この時に絶対にNGなのは、言い訳をしたり口答えを少しでもすることです。こういう態度を少しでもとってしまうと、相手は二度と許してくれないかもしれません。ただ謝るという態度が許してもらえるきっかけになります。しかしいくら素直に謝るといっても気持ちがない言葉が表れてしまったらそれは逆効果になるので注意が必要です。浮気をしてしまって本当に申し訳なかったという気持ちが伝わったらたいてい許してもらえます。

こんな謝り方をしたら二度と許してもらえません

浮気を許してもらうにはとにかく謝るという態度が大切です。そんな時に、全く反省をしていないふざけた態度をとったり自己満足な謝り方とか口答えをすることは絶対にNGです。浮気をした方が悪いのにまるで自分は悪くないといったような態度をされたら誰だって反感を持ってしまいます。

特に浮気をした場合は、ごめんと軽い気持ちで謝ったとしても絶対に許してもらえないです。謝るだけですむことなのか、と相手に思われないためにも相手の気持ちを考えて謝らないといけません。ふざけた雰囲気も自己満足な感じの謝り方も絶対にNGです。浮気をした原因は恋人の不満からきていることもあり「あなたがこんなだから浮気したのよ」という言い方はしてはいけません。ますます二人の仲が険悪になります。

相手の気持ちを考えて反省をする

浮気を一度してしまった人は、二度としないために相手の気持ちを考えて反省することが大事です。自分がやったことにきちんと反省ができる人は、相手の気持ちを考えることができます。どれだけ自分が相手を傷つけたのかを実感することが大事です。そして自分が浮気をされたらどんな気持ちになるだろうと考えてみることです。

そうすれば相手の悲しい気持ちがわかり自分ももう二度と浮気なんてしないと反省できます。反省をしたからといって浮気をなかったことにするのはNGです。それは二人の関係が長続きしません。これからも仲良く過ごしたいのであれば、なかったことにしないで失敗を生かしてお付き合いをしていくことがとても大切です。

誠実な気持ちで謝りなかったことにしてはいけない

浮気をしてしまったとしても、自分が誠実な気持ちを持っていて心から素直に謝ることでたいてい相手は許してくれます。大切なことは、相手が何を言ってきても口答えをしないで相手の言葉を受け入れることです。謝り方についてしっかりと知っておいたら、二人の仲は今よりも深いものになります。

素直に謝る時には、感謝の気持ちもしっかりと伝えることです。反省をしていないふざけた雰囲気は絶対にNGですし自己満足な謝り方もしてはいけません。相手の気持ちを考えて反省をすることで、二度と浮気なんてしあいと思うことができます。許してもらえたとしても絶対に浮気をなかったことにしてはいけません。失敗を生かしてもっと二人の関係を良くしないといけないからです。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう