浮気発覚の時に知っておきたい円満な解決方法 - 浮気 2020年7月1日 -

恋人や伴侶の浮気が発覚した時に、騒いで相手を責めるとかえって面倒な事態となる可能性が高いです。
この時に大切なのは冷静になり、円満な解決を目指すことで方法を説明していきます。

-AD-

パートナーの浮気が発覚した時にどうするべきか

生涯の愛を誓って結婚しても、時として伴侶が浮気をして発覚するといったケースは珍しくありません。恋人も同様で、誰にでも可能性があると考えた方がいいです。この時に大切なのは感情的になって相手を責めるのではなく、難しいですが心を落ち着けて冷静になってください。浮気発覚後の対応によって、今後の円満解決に影響が出てきてしまいます。

裏切られた側のショックは当然ですが、一時の感情に支配されるのではなく、今後を考えることが必要です。ポイントになるのが進路の方向性になり、関係を続行する、別れると両極端の選択肢となります。どちらを選ぶにしても、修羅場になるよりも円満解決の方が良いので、まずは冷静になることが大切です。

浮気が発覚した時に行っていくこと

伴侶や恋人の浮気が発覚した時、円満解決の方法として事前の準備が必要です。まず行うべきは状況の確認で浮気相手に対する気持ちを確認、隠そうとする場合は興信所などに依頼して証拠を集めていきます。同時に自分自身の気持ちをはっきりとさせなければいけなく、パートナーに対する愛情の有無、今後の方向性など考えるべき事柄は多いです。

関係の続行を望む時は仲直りの方法、さらに今後の浮気防止のためにくぎを刺しておくことが必要になります。離婚を選んだ時には財産のリストを作り出す、慰謝料の請求、子供がいる時は親権についてなど考えることは多いです。一般的に伴侶の浮気によって離婚を選んだ場合、立場的に有利となりますが、事前の準備は必要になります。

話し合いの場を作り出す

円満解決に欠かせないのが話し合いですが、ポイントになるのは時間を作る、場所を設定する、感情を落ち着かせるの3点が基本になります。浮気をしても離婚や別れるつもりがない場合、うやむやにしようと話し合いから逃げようとするケースが多いです。そのため具体的な約束を取り付けることで、状況によっては強引に切り出すことも必要です。

次に場所ですが、自宅は落ち着けますが人目がなく感情的になりやすく、トラブルに発展する場合があります。そこで個室のある飲食店が良く、仮に暴力沙汰に発展しかけた時も助けをよびやすいです。そして最後に冷静な気持ちになり、事前に話し合う内容をリストアップしておくなど、準備が大切な方法になってきます。

してはいけない方法を知ることも大切です

円満解決の方法がある一方で、話し合いにおいてしてはいけない事柄もあります。女性にありがちですが、感情的になって相手を詰ってしまう、これは同情されますが正しいやり方ではありません。浮気をしたという非があっても責められるとプライドが傷つく、激情につられて感情的になり収拾がつかなくなります。そうなると売り言葉に買い言葉となり、解決する内容も失敗する可能性が高いです。

関係の続行を求める、離婚や別れを切り出す場合でも、冷静になることが必要です。そして身内を介入させるのもしてはいけない方法で、第三者の存在が必要な時は互いに公平な立場の相手を選んでください。これも大切なポイントになってきて、失敗例を知っておくと回避できます。

浮気を知った時は冷静になることが重要です

浮気が発覚した時に大切なポイントは、何よりもまず冷静になることです。愛する人の裏切り行為は悲しみや怒りなどさまざまな感情が襲い掛かってきますが、今後のためには理性的な判断力が必要になります。関係を続行する、離婚するなど選択肢は違ってきますが、少しでも自分が納得するためには落ち着いて現状を確認、対処していかなければいけません。

そのため少し時間を空けるのも場合によっては良く、その間に状況の確認、証拠を掴むなどできることをしておきます。その後に話し合いの席を設けていくのが良く、この時も冷静さを忘れないように、必要な内容をリストアップしておくと安心です。感情を抑えるのは難しいですが、浮気の円満解決には冷静な対処が必要になります。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう