海の日 - 2018年7月16日(7月第3月曜日) -

海の日の起源や語源、歴史、
また海の日に行われる行事など海の日に関することを解説。

-AD-

海の日の起源は海の記念日

7月の第3月曜日は、国民の祝日である海の日に当たります。中には、暑くなって海で遊べる解禁日辺りに作った祝日なのではと思っている方も、多いのではないでしょうか。しかし、海の日には列記とした由来があるのです。

海の日はもともと、海の記念日と呼ばれる民間の記念日でした。

この海の記念日は、明治9年に天皇が東北地方をご巡幸されたことに由来しています。それまでは軍艦によるご巡幸はあったのですが、このときはじめて明治丸という蒸気船で海をわたり、7月20日に横浜港にご帰着されました。当事一般国民は、船による航行に不安を感じていましたが、明治天皇のご巡幸により、船の安全性を確信したのです。それからは、海運と船旅の利用が増えて、まさに海洋国家日本の幕開けとなったのです。これを記念して、昭和16年に海の記念日とされたのでした。

海の記念日から海の日へ

このように明治丸でのご巡幸が、歴史的意義のあるものとなり制定された海の記念日ですが、当事は海で仕事をする人々の間で、記念日として祝う程度のものでした。

しかし、このような海運関係者たちによる海の記念日を国民の祝日にしようとする運動や、何よりも明治天皇のご巡幸が歴史的意義を持つことを背景として、1996年に海の日として国民の祝日に制定されるようになったのです。その趣旨というのは、「海の恩恵に感謝して、海洋国家日本の繁栄を祝う」というものになっています。

海の日は制定されてからまだ日の浅い祝日なので、それほど大々的なイベントなどはありませんが、今では海の恩恵に感謝するということから、ライフセーバーなどが中心となって、海の一斉清掃などが各地で行われていることがあります。

7月20日から7月の第3月曜日へ

海の日が制定された1996年から2002年までは、もともとの7月20日に祝われていました。しかし、2003年からは、7月の第3月曜日に変更されたのです。

その理由は、ハッピーマンデーという考え方で、国民の祝日のいくつかを月曜日に変更することで、土日を含めて3連休になる日を増やそうということに基づいています。そしてその裏には、大型の休日を増やして、景気を刺激しようという考えが潜んでいるのです。しかし、もともと祝日には、どれも歴史的な意義があるものです。それを景気を刺激しようという理由で、簡単に日を変えてしまっては、日本の伝統としての意義が薄れてしまいます。因みに海の日に関しては、安部首相がもともとの7月20日に戻そうという発言をしましたが、いまだそのままの状態です。

海の日になるまでの歴史

海の日は7月の第3月曜日が現在では祝日となっていますが、その由来は明治にまでさかのぼります。明治9年に明治天皇が明治丸という船で東北地方を巡幸されたことから始まります。

軍艦を使った巡幸はありましたが明治丸は軍艦ではなく蒸気船で、7月20日に横浜港に無事帰着されました。これにより、船による航行に不安を抱えていた国民はその安全性に信頼を寄せるようになり、海運と旅船への利用が増えていきます。昭和16年にはこの日を記念し、海の記念日となりました。現在の祝日である海の日は制定されてからまだ日が浅いですが、その由来は明治から始まっていたことになります。

明治丸は現在も東京海洋大学に保存されており、名付け親は初代総理大臣の伊藤博文であるといわれています。

祝日運動は3回起きています

海の記念日から海の日へと祝日になるまでは、祝日化運動が3回ほど起きています。1回目は昭和34年から41年の間に日本海事振興会や大日本水産会などの海事関係5団体が海の日協会を設立し祝日化運動をはかりましたが、結局祝日になることはありませんでした。

2回目は昭和46年から48年の間に全国海友婦人会が多くの署名を集めて内閣に祝日化を懇請しましたが、この時にも祝日になることはありませんでした。

そして、3回目である運動は平成3年に起こっています。日本船主協会の会長が海の日の制定を提唱したことをきっかけに、政府が本格的に祝日化の検討を始めました。それから平成7年に海の日の法案が可決され、見事に祝日となりました。制定されてから7月20日と定められていましたがハッピーマンデー制度により、7月の第3月曜日が今は祝日となっています。

海の日の本来の意味とは

由来は明治天皇が東北地方を明治丸でご巡幸されたことから始まりますが、本来日本は海に囲まれた島国であり、歴史的にも海や漁業といった海事関連には深い関わりや結びつきがあります。また食生活の面でも魚を主に食べてきました。

国民の祝日に関する法律第2条では海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願うことを趣旨としており、平成19年に制定された海洋基本法では国民の間に広く海洋についての理解と関心を深める行事が実施されるよう努めなければならないとあります。現在海の日でそれほど目立ったイベントや行事はありませんが、国民は海の恩恵に感謝しましょうという趣旨とともに、海の日を祝日としているのは世界でも日本だけとなっております。こうした由来を見てきますと、普段から海に感謝することも日本人にとっては必要となります。

海の記念日誕生の由来

海の日の元となるのは「海の記念日」という民間の記念日です。明治天皇が船で御巡幸されたとき、青森から函館経由で横浜港に到着された7月20日を海の記念日としたのです。軍艦以外の船に乗られたのはこのときが初めてで、人々が船旅の安全性に信頼を寄せるようになり海洋国家としての日本が生まれた歴史的瞬間でもあったのです。

海に囲まれた国でありながらあまり発展のなかった船旅や海運の利用が始まったのは旧来の慣習を破って次々と改革を断行した明治天皇のおかげなのです。

このときから海の記念日は海の仕事に従事する方々を中心に祝われるようになりました。明治天皇の乗った明治丸は日本政府がイギリスに発注して作られた船で伊藤博文が名付け親なのですが、今も東京の海洋大学に保存されています。

海の日の語源について

当初は海運関係者だけの記念日だった海の記念日ですが、1996年に国民の祝日として制定されました。海の恩恵に感謝すること・海洋国家日本の繁栄を祝うことを趣旨として「海の日」となったのです。

簡単に祝日化したわけではありません。昭和34年から、46年から、平成3年からと3回にわたる海運関係者の祝日化運動を経てようやく制定されたのです。祝日としての歴史は浅いものの、その歴史は明治時代から始まります。明治天皇の成し遂げた偉業や、それが国民の祝日となるまでの長い長い道のりに思いをはせながら海の日をお祝いするようにしましょう。海運関係者だけの記念日だったものですが、いまや全国民のための祝日となっています。海の日を祝日にしているのは日本だけです。海洋国日本ならではの祝日なのです。

現在の海の日と過ごし方

明治天皇がご帰着された7月20日、それが海の日でしたが、2003年にハッピーマンデーという制度が制定されたことで今は7月の第3月曜日に変更されました。そのため海の日を含めて今は3連休でお休みが取れるようになっています。本来の日付があいまいになり、単に海で遊ぶレジャーの日という意味合いが強くなってきていますが、本来は海の恩恵に感謝する日です。海が与えてくれる役割について親子で話し合う日にしたり、海岸を清掃する日にしたりといった本来の趣旨に合った過ごし方をしてみるのもいいでしょう。

まだ制定されて日が浅い祝日だけに、全国各地で大きなイベントや行事というのはまだあるわけではありません。海の日があるのだからと、最近は山の日というのもでき、夏にも国民の祝日は多くなってきました。

夏の到来を告げる海の日

南から湿った空気は入り込み北の冷たい空気とぶつかり合うことで長い雨の期間となる梅雨、その梅雨の時期である6月中旬終わったら本格的な夏の到来になります。

しかし本格的な夏の到来を一般の人が感じるのは梅雨が終わったときよりも、7月のある日が来たことを知ったときが一番夏がきたことを感じられる日といえます。その7月のある日というのが7月の第3月曜日にある海の日という祝日です。海の日は一般的に夏が来たことを知らせるために、全国の海水浴場が開く時期と重なることで夏を感じる時期と思われます。ただなぜ海の日というものがあるのかという点においては、海水浴場が開く時期とはまったく関係ないことを知っている人は少ないです。

その海の日が設定された歴史には、一つの出来事が関係しているのです。

明治時代に起きた海の日の歴史

海の日の歴史は1876年まで遡ることになりますが、時代は明治時代江戸時代が終わり開国と同時に海外からの貿易船が次々と日本に到来するようになります。

江戸時代末期までの日本の船は手漕ぎ船が一般で、海外のように蒸気や鉄の力で頑丈でありながら軽快に海原を動く船というものが存在していなかったのです。そこで海外からの貿易と同時に、これからは海外との貿易を考える上で日本も蒸気や鉄を使った軽快に海原を動く船の開発に着手することになります。そうして数年がたち出来上がった船が汽船明治丸です。

その明治丸の安全性を知らしめるために、当時の日本のトップである明治天皇が率先して乗り込み、これまで航海することが不可能だった宮城県沖から横浜沖までの長い距離の航海に成功したことを記念して海の記念日となり1995年に現在の海の日に変わるのです。

古い歴史なので現在では解釈が変わっている

当時の日本のトップである明治天皇が率先して日本発の蒸気船に乗り込み長い距離の航海に成功したことを記念して作られた海の日ですが、先に言ったとおりにこの歴史を知る人はほぼ皆無だといえます。

そのため海の日が今後もあり続けた目に、現在では新しい解釈の元で考えられています。それは日本という国は四方を海に囲まれた島国であり、古来から海と密接な関係の元で成り立ってきた歴史を持ちます。そこで現在の日本があるのは海洋資源のおかげでることを改めて感じるために、この日を海の恩恵に感謝するとともに海洋国日本の繁栄を願う日とされたのです。

つまり海を大事にしながら、その海によって得られるものに対して感謝しようという日が老若男女に分かりやすい新しい解釈として伝えられることになったのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう