海の日ってどんな日?海水浴の日だけではない、成り立ちについて - 海の日 2018年7月16日(7月第3月曜日) -

海の日の成り立ちについての解説。海の日が生まれる経緯や開催されているイベントについてなど。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

海の日って一体何の日?

海の日は、1996年より施行された国民の祝日の一つです。施行当時は7月20日でしたが、ハッピーマンデーの採用により2003年からは7月の第3月曜日へと変更されています。海の日の本来の主旨としては、「海の恩恵に感謝し、海洋国家の繁栄を祝う」という名目により祝日に制定されています。

この日が誕生したきっかけとして、7月はいままでは祝日がない月でしたが、海水浴や潮干狩り、マリンスポーツなど、人々が海をもっとも身近に感じる季節です。そういった理由に基づき、海や海の周辺での仕事全般に従事している人々の間から、海の記念日を「海の日」という祝日にしよう、という声が高まって運動が起こり、1995年に正式に参議院本会議にて議題にあげられ、制定につながったとされています。

海の日が生まれる前の経緯

1996年に制定された日本の祝日・海の日。しかし、本来は「海の記念日」という記念日だったということは先述の通りです。では、その前身である海の記念日が制定されたのはいつのことでしょう?

「海の記念日」が制定されたのは、明治9年(1876年)のこと。明治天皇が東北を巡られた際のこと、青森から横浜へと入港されました。明治天皇が初めて軍艦ではない汽船に乗船されたということをきっかけに、「海の記念日にしよう」と、後年昭和16年(1941年)に当時の大臣・村田省蔵氏の提唱によって7月20日が「海の記念日」と制定されました。ちなみに、記念日の日程が7月20日となったのは、横浜への帰着日が7月20日であったことから、この日付で海の記念日が制定されたのです。

海の日に開催されているイベント

1996年に制定されたとはいえ、海の日は成立・施行されてからまだ20年ほどしか経っていません。そのため各地ではなかなかイベントもあまり行われていません。今後、徐々にイベントが開催され、定着していくことでしょう。

一方、「日本海事報道協会」では「海の日」の祝日化の運動に力を入れていた団体であるため、現在でも様々な形でPR活動を行っています。その代表的なPR方法の一環として、標語「みんなで海のことを考え、海に親しみ、海を大切にしましょう」があります。

その他にも、子供向けに行われる船の体験教室やシンポジウム、全国一斉での海浜清掃などの行事が開催されています。多くの子供たちを含め、全国的に地域の人々を巻き込みつつ広く海のことを知ってほしいという思いが込められています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう