海の日のイベントを通して海の恵みに触れ合おう - 海の日 2018年7月16日(7月第3月曜日) -

海の日に触れ合う海の恵みの解説など。海の日に行われる様々なイベントの紹介など。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

世界的に珍しい祝日「海の日」

海の日は1995年に制定、1996年から施行された国民の祝日です。国民の祝日に関する法律によれば、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨として制定されました。海に親しむ日を国民の祝日としている国は現在日本だけであり、「海洋国」の文言にも見られるように、世界的にも珍しい祝日です。

祝日として制定される前は、海の記念日として7月20日を祝っていました。これは、明治天皇が東北地方を巡幸した際、汽船「明治丸」によって航海し、7月20日に横浜港に帰着したことにちなんでいます。祝日制定後も7月20日という日付は継承されましたが、2003年の祝日法改正、いわゆるハッピーマンデー制度により、7月第3月曜日に変更され、現在に至っています。当初のエピソードから外れた日付設定への反論の声も依然として挙がっています。

さまざまなイベントで海に親しむ

海の日は夏休みシーズンのはじまりにも重なるため、全国各地で海に関連するイベントが開催されます。たとえば、多くの自治体や企業・団体で花火大会、マリンスポーツ大会、客船や帆船の一般公開が催されます。地域によっては、海で神輿の禊を行う祭りもあります。

海上自衛隊では、この日に基地を一般公開する所もあります。海上自衛隊では船を信号旗で飾って祝日を祝う、満艦飾という行事があり、これを目当てに基地を訪れるファンも多いようです。

大きなイベントとしては、海の日を中心とした約1週間に行われる海フェスタがあります。記念式典、セミナー、船の一般公開、体験航海、マリンスポーツなど、海や船に関するさまざまなイベントが開催されます。記念式典には皇族が参加するほか、ミス日本「海の日」受賞者も参列します。

海の恩恵に感謝することを忘れずに

こうしたイベントで海に触れ合うことは貴重な体験になります。一方、日常でも海に親しみ、海の恩恵に感謝することはできます。

たとえば、日々の食卓に上る魚や貝などの海産物は海の恵みそのものです。最近では乱獲や海のエコシステムの破壊により、世界的に漁獲量の減少が懸念されています。海に囲まれた日本が率先して海の幸に感謝し、海を守る姿勢を見せることが、今後ますます必要になるでしょう。

また、海の恐ろしさを知ることも大切です。まだ記憶に新しい津波についてはもちろん、潮の流れや高波の仕組みを知り、時として襲う自然の猛威を知っておくことで、より安全に海に親しむことができます。海の日の理念は海の恩恵に感謝することです。世界的に見て、海に囲まれていることは決してありふれたものではありません。この日をきっかけに、改めて海洋国としての日本を見つめてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう