海の日の由来とこの日に行われる記念式典と - 海の日 2018年7月16日(7月第3月曜日) -

海の日の由来と記念式典についての解説。1996年に制定された海の日に行われるイベントと記念式典について。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

1996年に出来た国民の祝日

海の日とは、1996年から始まった国民の祝日です。1996年に実施された時点では、7月20日が祝日となっていました。ですが、2003年に祝日の日を決めずに月曜日に移動させる事で、土曜、日曜、月曜日の三連休を作るハッピーマンデーの対象となり、現在は7月の第3月曜日が祝日となっています。そんな海の日は、海に囲まれた島国の日本が、海の恩恵に感謝をすると同時に、今後の繁栄を願う日となっています。

国民の祝日として実施されたのは1996年からですが、それ以前から7月20日は海の記念日でした。この7月20日というのは、1876年に明治天皇が東北地方巡幸の後、汽船で横浜に帰着した日です。それに伴い、国民の祝日として制定されるまで、この日は海の記念日と呼ばれる日でした。

この日に行われるイベントは

海の日には全国各地で海にちなんだイベントが多く行われます。砂浜や港、漁港等でお祭りのようなイベントが多く行われる他、地域によっては花火が見られるという事もあります。

ハッピーマンデーにより三連休の最終日となりますが、それでも各地で賑わいを見せています。そんな中でも、特におすすめのイベントが横浜港と富山港で行われる美しい帆船を見られるイベントです。このイベントでは完全に帆を張った帆船を見る事が出来ます。帆を張っていなくても帆船は存在感がありますが、やはりしっかりと帆を張ると、その美しさが際立ちます。しっかりと帆を張った帆船というのはなかなか目にする機会がないものです。ですから、この日に足を運べるようであれば、帆船を見に行ってみて損はありません。

海の日には記念式典も

海の日に行われる行事の一つが、記念式典です。海事関係の功労者や海上保安功労者を表彰する式典となっています。こうした記念式典の他、海の日の意義を再認識する為の行事や、海の日を祝う為の行事等、様々な行事が行われています。

そんな記念行事の一つに、大学でのイベントもあります。海に関する大学では、大学での研究内容等を知って貰う為に、この日にキャンパスを開放し、様々なイベントを行っています。こうした海の関する大学に興味がある人は勿論、海の日らしい体験をしてみたいと考える人に、最適なイベントとなっています。海の日には、海に関する記念式典や祝賀行事等が多く行われていますが、それ以外にも、一般の人が参加しやすく気軽に楽しめる、様々なイベントも各地で行われています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう