自然に感謝をする海の日と山の日について - 海の日 2018年7月16日(7月第3月曜日) -

海の日と山の日の関係性について解説。国が重視する海の日と除々に知られてきた山の日について。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

海の日は国で重視されている祝日

日本には海と山に関する祝日があります。海の日は7月の第3週目月曜日と定められており、海の恵みに感謝をして日本が栄えることを願う日です。海の日が施行された当初は7月20日と定められていましたが、2003年に起きたハッピーマンデー制度により第3週目月曜日になったとされます。

海を大切にしている国は多くありますが、海の日を国民的な祝日にしているのは日本だけといわれています。海洋基本法では、海の日には国や地方公共団体が国民に対し海への理解と関心を深めるような行事の実施に努めなければならないということが決められています。

海に関連深い海上自衛隊では、基地などに停泊している自衛船で満艦飾が行われます。満艦飾とは軍艦に乗る者が記念日や祝祭日に対する祝意を示すために、信号旗などで軍艦を装飾をすることです。

徐々に知られ始めている山の日

山の日は海の日よりも新しい祝日で、2016年に施行されています。毎年8月11日と定められ、海と同じように山の恵みに感謝をするという趣旨を持っています。8月11日になった理由は8の漢字である八が山の形に似ていて、11は木が並んでいるイメージからといわれています。

日本には山岳会や山を大切にする団体があるので、そのような団体にとっては大事な日です。山に関する行事や山に親しめる行事が行われる予定なので山好きな人や興味がある人にとって楽しみの一部となると思いますが、山に興味がない人にも自然の大切さを呼びかける活動も行われます。

海の日と比べたら馴染みの低い山の日ですが、今後はハッピーマンデー制度の対象になる可能性があるのでほとんどの国民に知られるほどの祝日になると思います。

自然界への感謝の心を常に持とう

海には、旬間も存在します。7月20日~7月31日までは海の旬間で、国土交通省の海事局・海事関係団体・地方公共団体などが海事思想の普及活動を積極的に実施します。サーフィンを趣味とする人や海好きの人が注目する海フェスタも行われます。

海の日は祝日と制定されるまでは海の記念日と称した日でしたが、祝日化されてからは海に関する活動やイベントが増えています。

海も山も大いなる自然であり、感謝を忘れてはならない存在です。人間の生活は進歩するにつれて自然を害することが増えましたが、近年では改善が図られて自然に優しく生活のためにもなるアイテムが多くあります。

現代は完全に自然に優しい生活は難しいかもしれませんが、できる限り自然に配慮をして感謝を忘れないようにすることが大切です。感謝の気持ちを忘れないために、海の日や山の日に開催されるイベントに参加してみるのも良いと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう