焼き肉の日 8月29日

焼き肉の日の起源や語源、歴史、
また焼き肉の日に行われる行事など焼き肉の日に関することを解説。

-AD-

焼き肉の日とは

8月29日は語呂から、焼き肉の日とされています。毎月29日が肉の日として、スーパーや焼き肉店で割引がされていることもありますので、存在を知っている人も多いのではないでしょうか。焼き肉の日は1993年に全国焼肉協会が制定しました。スーパーや焼き肉店、焼き肉のタレメーカーも便乗して商売に活用しています。最近では焼き肉店だけでなく、和食料理屋にもしゃぶしゃぶやお鍋の割引日として設定しているところもあります。

焼き肉の日の由来はその語呂からです。8月29日はちょうど夏の終わりごろにあたり、体力的にも落ちている人がたくさんいます。そこで焼き肉を食べてスタミナをつけようという意味合いもあります。肉に関する日は他にも、11月29日(いい肉の日)もあります。また4年に1度訪れる2月29日は他の人比較してもお祭り的に大割引をすることもあります。商業的に定着している日でもあり、無料でお肉をふるまうイベントを行う企業・イベントもあります。

焼き肉の日と制定されたのは1993年ですが、この日はおいしい焼き肉を割安料金で食べられるとのことで、焼き肉屋さんが大繁盛します。安いところでは半額近い値段で食べ放題を行っているお店もあります。この日を狙って焼き肉に行く人も多いでしょう。焼き肉の日はさまざまある語呂からくる記念日の中でも、多くの人に定着している記念日です。商業的な意味合いが深い記念日ではありますが、人気も高く、この日を楽しみにしている人も少なくありません。

焼き肉の日は高級店も含め、多くの焼き肉店が割引日として宣伝を行っている日です。毎月29日も肉の日として宣伝を行っています。とにかくこの日はスーパーでもお肉のセールが行われていたりと、家庭を預かる主婦にとってはとても人気があります。外食でも安くおいしいお肉を食べることができますので、若い人から年配の人まで楽しむことができる記念日です。広告でもこの日を大々的に取り上げて宣伝することは珍しくありません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう