おすすめの焼肉の部位はどこ? - 焼き肉の日 2018年8月29日 -

定番といわれる部位もありますが、実は定番以外にもおいしいおすすめの焼肉の部位はいくつもあります。特に低カロリーなのに肉の旨味たっぷりなものもいろいろありますので、ダイエット中でも楽しめます。

-AD-

ワイワイと食べられる食事といえば焼肉

1人で食べに行く人も最近では増えましたが、やはり何人かで出かけたいのが焼肉です。接待などでも招待されてうれしい食事ですし、皆でいろんなお肉を焼きながらおしゃべりするのも楽しいものです。何よりお肉と相性の良いビールが飲めることもコミュニケーションの場としては最高です。そんな焼肉でおすすめの部位といえばどこを思い浮かべるでしょうか。カルビ、タン塩、ちょっと面白い長いままのホルモンなどいろいろとあります。しかし意外にも知られていないけれど抜群のおいしさの焼肉のおすすめの部位があるのです。そんなおすすめの部位についていくつかご紹介しましょう。せっかく食べるのですから、本当においしい部位を食べてみたいものです。

最もおすすめの部位はハラミ

焼肉へ行く場合、最もおすすめしたい部位といえば「ハラミ」です。「ハラミ」は焼肉でも定番といえば定番なのですが、実はハラミは横隔膜の薄い部分のことで、牛1頭からわずか2、3キロしかとれない希少な部位なのです。同じ部位でも厚めのものはハラミではなくサガリといいます。臭みが全くなく、しかも弾力があって食べ応えがあります。しかも女性にはうれしい低カロリーな部位ということもあってダイエット中に焼肉を食べたくなった時にもおすすめできます。希少部位ではありますが、焼肉店では比較的安価で食べることができますから、安くてたっぷりお肉を食べたい時にはとてもおすすめです。内臓とは思えないほど臭みがないので、内臓が苦手な方にもおすすめできます。

赤身でもキメ細やかなランプ

赤身部分のお肉の中でもキメが細やかで柔らかいのが「ランプ」です。「ランプ」は腰からお尻にかけての部分の肉で、あっさりした味わいです。赤身のお肉を食べるのであれば「ランプ」が断然おすすめです。まるでヒレ肉のように旨味があって柔らかいですし、しかも鉄分がレバーに次いで豊富に含まれている部位です。ですから、貧血気味の方にもおすすめできます。特にからし醤油やわさび醤油で食べるのがおいしいです。ちなみにランプはあのサーロインにつながっている部分なのでサーロインより安価ですが、とても満足感のある食べ応えの部分です。焼肉以外ではステーキはもちろん、しゃぶしゃぶやすき焼きなどにしてもおいしい部位です。

焼肉店にあればラッキーな「ざぶとん」

「ざぶとん」は精肉店では見かけることもありますが、焼肉店ではなかなかお目にかかれない部分で、肩ロースの一種です。肉の形がざぶとんに似ていることからそういう名前で呼ばれていますが、別名ではハネシタとも呼ばれています。1頭からわずか3キロほどしかとることができない希少なお肉で、適度な柔らかさとこってりとした味わいが魅力です。といっても後味はしつこくないので、お子さんにもおいしく食べてもらえるお肉です。口の中に入れるととろける味わいというのがぴったりな言葉でしょう。お肉らしさを味わいつつ、旨味もたっぷりと感じることができます。もし焼肉店でざぶとんを見かけたら、一度は食べてみることをおすすめします。

お気に入り以外のお肉も食べてみよう

焼肉をする時には確実においしいとわかっているものを食べることが多いです。お肉なので価格も安くはないですし、もしまずかったらもったいないという気持ちが出てしまうのも人間です。しかし意外と食べたことがないお肉の中にもとてもおいしいお肉が隠れていることがあります。今回ご紹介したお肉以外にも牛ハツ(心臓部分)やミスジと呼ばれているコラーゲンたっぷりで女性にぜひ食べてもらいたいような部位もあります。低カロリーなのにこのおいしさと驚くようなお肉もありますから、もし見かけたら今回ご紹介したお肉にも挑戦してみるのもおすすめです。焼肉をするなら冒険心を持っておくのは必須です。様々な種類のお肉を味わってみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう