父の日のプレゼントにはビールがおすすめ - 父の日 2018年6月17日(6月第3日曜日) -

父の日のプレゼントにおすすめなビールについて。普段飲んでいる発泡酒や第3のビールではなくプレミアムビールの紹介について。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

発泡酒、第3のビールで我慢を強いられる

ビールには、生ビールや発泡酒、第3のビールなどがあり、発泡酒などは安く買うことができるため、家計のことを考えてこうしたものを選ぶ奥さんが多くいます。本物に似せてあるものの、やはり濃厚さや風味などに違いがあり、違和感を抱えながら飲むお父さんも少なくありません。最近ではハレの日に本物を飲むという人も存在し、土用の丑の日だからうなぎを食べるというのと同じ感覚になっている人もいるほどです。

父の日はいわばお父さんにとっては数少ないハレの日です。中には、父の日は別にいいかと思う奥さん、子供がいるのも事実ですが、高価なプレゼントは買わないまでも本物のビールなどを購入することで感謝を表現するというのも1つの手です。一家の大黒柱であり、今後も支えてもらうためには決して高くはない出費です。

テンションが上がるプレミアムビール

最近はビールの種類も増えており、日本酒でいうところの地酒のようなものが出回っています。価格は大手メーカーが販売するものより高いものが多いですが、香りも味もすばらしく、ワインのように飲むことをおすすめするものがあるほどです。こうしたものを食卓に出し、それに合う料理を作ってあげるだけでも父の日のプレゼントとしては十分効果的です。

スーパーマーケットによってはたくさんの種類が並び、どれがいいのか、お酒を飲まない奥さんなどはわからないことも多くありますが、その場合には大手メーカーから出している高級なものを選ぶことをおすすめします。これならば確実に買うことができるだけでなく、当たれ外れがありません。また、安定している分、料理との相性を合わせやすいのも特徴です。

350ml缶2本で十分な効果がある

プレゼントするために、お中元やお歳暮のような詰め合わせセットを父の日のプレゼントとして贈る場合がありますが、それだけで数千円の値段がするだけでなく、今までなんとか発泡酒などで我慢できていたのに、それができなくなることも出てきます。あくまでハレの日だから飲むことができるということにしておかないと、奥さんとしては家計に関する悩みの種が増えてしまいます。

ビールを買ってあげる場合には350ml缶2本でも十分です。これ以上飲むと酔ってしまうこともあるだけでなく、人によっては飲みきれない場合もあります。たくさん量を飲む人であればいつもと同じだけのものを買ってあげるのもいいですが、飲む量を奥さんが管理している場合には、父の日だからといってそこの部分は変えずに、高級さで勝負するというのも大切です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう