父の日 - 父の日 2018年6月17日(6月第3日曜日) -

父の日の成り立ちについての解説。このサイトはシーズンごとのイベントや記念日、祝日などの語源、由来や関連する事柄を詳しく説明しています。

-AD-

父の日の語源

父の日は大切な年間行事の一つですが、母の日と比べると一般的なイメージが定着しないので結構ないがしろにされやすいと言われてもあながち否定はできないものです。そもそもこの行事って一体何なんですか?という疑問も持つ方は少なくないですね。

父の日の語源は、子供が普段絶え間なく家族の為に働く父親の苦労をねぎらう、絶え間なく注がれる愛情に感謝するという日で、毎年6月第3日曜日がその日に当たります。ではこの由来はどこから来たのでしょうか?

父の日というものはアメリカから各国に伝わりました。その由来となるのは当時すでに存在していた母の日を知っていた人物の訴えによるものです。この人物ことジョン・ブルース・ドット夫人の生い立ちから来ています。

ドット夫人の父親は軍人でしたが、妻が亡くなった後にドット夫人を筆頭に子供六人を子育てに慣れないながらも奮闘して育児と仕事を頑張り、見事に全員育てて亡くなりました。そんな父に対して母の日と同じ様に感謝する日を!とドット夫人が牧師協会に嘆願した結果、この日が誕生したのです。

父の日は各国により多少の違いや特徴があります。日本で父の日が導入されたのは1950年ですが、この時点では認知度は低く一般的には伝わらなかったのです。そして1980年になり、デパートや百貨店などがいわゆるマーケティングの一環の商売的戦略方法として取り入れたことによりようやく馴染みがある習慣となりました。母の日と同じく年に一度の親孝行のイベントとして切り込んだ事により漸く知名度が上がり定着したのです。

歴史的に色々あり、日本でも父の日が定番行事となりましたが母の日と比べると決め手がイマイチ欠けると思う方が多いのも事実。まず父親に何をプレゼントすればいいのかと悩む所でしょう。

花の場合、母の日にはカーネーションですが、父の日には黄色いバラやひまわりなどを贈るのが段々と広まってきています。黄色には平和や寛大などの意味が含まれているので大黒柱のお父さんにプレゼントするにはピッタリでしょう。

他にもネクタイや時計、ビールなど贈る品は様々ありますが一番嬉しいのは子供からの感謝の言葉や思慕。これさえあれば何の品物でも父親にとってかけがいのない大きなプレゼントになるのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう