目の愛護デー 10月10日

目の愛護デーの起源や語源、歴史、
また目の愛護デーに行われる行事など目の愛護デーに関することを解説。

-AD-

目の愛護デーとは

1931年に失明予防の運動として10月10日を視力保存デーとして中央盲人福祉協会主催、内務省、文部省の後援で活動を始めたことがきっかけとなり始まりました。1938年から1944年までは9月18日を目の記念日と呼ぶようになったのですが、1947年に再び10月10日に目の愛護デーとしていま現在まで活動をおこなっています。毎年10月10日には目の関連企業や団体がいろいろなイベントを開催していたりします。

10月10日が目の愛護デーとして定められた由来は10月10日を時計回りに90度回転させると人の顔の目と眉に見えるということで定められました。また10月にはもうひとつ目に関する記念日が定められています。10月01日は眼鏡の日とされており1を眼鏡のつる、0をレンズに見立てると眼鏡に見えることから眼鏡の日に定められました。そのため10月01日から10月10日は目と眼鏡の句間とも呼ばれるようになりました。

目の愛護デーの活動は60年前からされているのですが世間に浸透し始めたのはここ数年のことです。現在では厚生労働省が主催となって全国で目の健康を促す運動がなされていたり日本眼科医会でも一般の方を対象としたイベントを行ったりしています。目は一度悪くなると元通りにはならないことがほとんどなのでこういった機会にイベントに参加することによって目を大切にするにはどうしたら良いかを楽しくかつ分かりやすく学ぶことができます。

最近では目の愛護デーが世間に浸透しているため目に関わる方たちだけでなく、アイドルが眼鏡の方限定のコンサートを行ったり芸能人がSNSで目の愛護デーの発信をしていたりと多様な面で目の愛護デーの文字を見かけるようになりました。この日を機会に目の健康について考える方も増えたのではないでしょうか。10月10日だけでなく見え方がかすんだり、目が乾燥しやすいなどの異常を感じることがあればできるだけ早く眼科へ行くようにしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう