瞳の種類や特徴を知り、今後に生かす瞳の日 - 瞳の日 2019年1月3日 -

瞳の日をご存知ですか。1月3日に定められており、美しく健やかな瞳を保ちましょうという意味合いで定められました。
国や自治体ではなく、眼鏡やコンタクトの協会で制定されたものです。瞳の種類や特徴を理解し、良い状態を保てるよう努めていきましょう。

-AD-

瞳の日には、瞳をいたわってあげましょう

世界には様々な瞳を持つ方がおり、色や見え方も千差万別です。瞳は生涯にわたりお世話になるべきものであり、大切にしなければなりません。コンタクトにより瞳の形を変えたり、カラーを楽しむなどファッションの一部としても進出しています。瞳の目的は、はっきりと物を見えるようにすることなので、病気などにかからないように清潔にしておくことが重要です。健やかでなければ、瞳のお洒落を楽しむことはできません。

日頃お世話になっている瞳に対し、いたわってあげる気持ちをもつことが大切なのではないでしょうか。瞳の日が制定されたことを良い機会とし、今まで以上に美しい瞳を目指していきましょう。正しくケアをすれば、瞳はもっと輝きます。

グリーンやレッドなど、美しいカラーの瞳もあります

一言で瞳といっても、世界中には多くの種類があります。よくカラーコンタクトを使用される方はご存知かもしれませんが、数種類もの色があり、どれにしようか悩むことと思います。もちろんカラーコンタクトは作られた色ですが、世界には驚くような色彩の瞳を持っている方もいるのです。瞳の日には、瞳について知識が深まりそうです。

比較的主流なのはブラックやブラウン、ブルーですね。こちらはアジア系か欧米かによっても分けられるところです。時々テレビなどでも見かけるヘーゼルやアンバーは透き通った茶系で、吸い込まれそうなカラーです。稀に存在するとされているグリーンやレッド、日本では馴染みがありませんが、色素の薄い外国の方ではこのカラーの方もいるそうです。オッドアイといって、左右非対称なカラーを持つ方もいます。種類を知ると、瞳の日をまた違った気持ちで過ごすことができます。

瞳の色を決めているメラニン色素

瞳の色は色素の濃い薄いにより左右されるようです。色素が薄すぎるあまり、血液の色のみでレッドの瞳を持つ方がいます。神秘的でとても美しい瞳です。メラニン色素の量は住んでいる地域や国、気候により異なるので、そう考えれば様々なカラーの方がいるのも頷けます。瞳の日でなくとも、雑学として覚えておくと役立ちます。

ブラウンの特徴はメラニン色素が多い方と推定され、最も多い色と言われています。ブルーですが、特徴はメラニン色素が異常に少ないためになると考えられています。北ヨーロッパによく見られる瞳の色で、アジアでは見かけられません。どれも元々美しいカラーですが、人はないものねだりをするため、アジア人から見ればブルーに憧れ、欧米人から見ればブラックに憧れるのです。種類や特徴を知れば、さらに瞳の色を楽しめますね。瞳の日にはそうした意味合いもあります。

瞳のカラーには種類があり、どれも特徴的です

瞳の色には様々ありますが、ブラックやブラウンが最も多く、特にアジア人に多いとされています。ついでブルーとなっていますが、こちらは欧米人に多いカラーでアジア人では見かけることができません。ヘーゼルとグリーンの間にアンバーというカラーがありますが、イエローとゴールドが混じった特徴的なカラーです。狼の目と呼ばれており、狼と同一なカラーが美しい瞳です。

グレーの瞳をもつ方は非常に肌が白く、髪色が赤系であるとされています。特徴的なので、住んでいる地域が判別しやすいと言われています。オッドアイは、先天性の疾患によるものとされています。多くある種類の中でも貴重なカラーで、特徴がよく出ています。とても稀なケースですが、ひときわ美しく輝きます。瞳の日が定められたことで、その意味も理解しておくと良いでしょう。

瞳の日には、瞳に優しい過ごし方をしてみる

瞳の色には様々な種類がありますが、その色や特徴は個人の個性と言えるでしょう。特徴的な瞳のカラーは生涯変わることがなく、一人の人間として存在していきます。様々な種類の瞳を愛しその人種を好きになることで、より良い人間関係が築けていくものとも考えられます。是非、種類や特徴を深く知って、瞳の日を有効的に活用していきたいものです。

調べてみれば、他にも種類があるのかもしれません。瞳の日にはイベントが行われていることもあるので参加してみるのも良いですね。調べていけば世の中には他の種類の瞳も存在するかもしれません。多くの地域の方々と交流していきたいものです。瞳の日は眼鏡やコンタクトを普及させるためにも良いのですが、視力検査を行ったり、パソコンやスマホの使用時間を短くするなど、工夫して過ごすのも良いと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう