瞳の日におすすめの目薬を役立てて不調を改善 - 瞳の日 2019年1月3日 -

目薬にはさまざまな種類があり、疲れ目や目の痒みなど症状に合わせて選ばなければ、満足な効果を得にくいものがあります。
瞳の日にこそ知識を深めて、症状別のおすすめ市販品を迷わず購入できるようにしておきたいものです。

-AD-

瞳の日に知っておきたい目薬の症状別おすすめ成分

瞳の日には常以上に目の健康についてじっくり考え、目薬の成分の知識も深めておくと、日ごろ放置しがちな疲れ目や痒みなどを改善でき、ほかの不調への対処も速やかにできるようになります。瞳の日にまず改善したいのが、疲れ目です。スマホ閲覧やパソコンワークで毎日酷使している瞳を、おすすめの目薬の良い成分で癒してあげたいものです。

疲れ目といっても軽めの症状から、かなりつらい段階まで差が大きいものがありますが、眼精疲労にまで及んでしまいそうな場合は、炎症や充血にも対応した成分が入っている目薬が良いとされます。特に充血を治したい場合、塩酸テトラヒドロゾリンやナファゾリン塩酸塩という成分が含まれている目薬がおすすめと言われています。目の血行を良くするビタミンEやビタミンB6、ビタミンB12が入っている目薬は、疲れ目におすすめの目薬の基本となっています。

瞳の日に治したいドライアイにおすすめの目薬

瞳の日に目薬に情報を探すためにパソコンやスマホの閲覧で目を酷使しては本末転倒ですが、それを未然に防止するためにも、ドライアイにおすすめの目薬を押さえておきたいものです。ドライアイを素早く癒し、さらなる乾きに対応するにはある程度の粘度が必要ということで、おすすめの目薬にはそういったトロリとした適度な粘度があり、何よりヒアルロン酸が配合された目薬が適しています。

高粘度の保水成分としてはヒプロメロースやヒドロキシエチルセルロースがその役割を担っており、さらには、症状が進んでしまったドライアイから角膜を守るための成分も重要となります。角膜保護成分のコンドロイチン硫酸エステルナトリウムが入っている目薬がおすすめとなります。

ピントが合いやすい目になりたい瞳の日におすすめ

スマホなどの小さい文字を読むときにかすみがちとなってしまう現象は、瞳の加齢がまだという世代にも起こりやすくなっていると言われます。早めに目のピント調節機能を改善させたいと願っている場合には、おすすめの3つの成分があると言われます。

瞳の日にこそ注目したいその成分は、目薬に基本の血行改善にも有効な天然型ビタミンEやビタミンB12と、ネオスチグミンメチル硫酸塩という毛様体筋と呼ばれる目の筋肉の働きを助ける成分が良く、ビタミンB12との効果とも相まって、特にピント調節機能の改善により良い作用をもたらすとされています。まさに瞳の日にクッキリを取り戻してくれる、おすすめの成分となっています。

瞳の日にはアレルギー症状からも目をガード

春のスギやヒノキの花粉症だけでなく、秋のヨモギやブタクサ、さらに室内で年中飛び交うハウスダストなど、瞳を狙う大敵は数多く存在しています。瞳の日には、そんなアレルゲン物質たちによって引き起こされる痒みや目やにを改善する、おすすめの目薬も要チェックです。花粉などによって引き起こされるつらい痒みは、ヒスタミンという物質によって起こります。

ヒスタミンを抑える目薬の成分には、ヒスタミンが起こす反応をブロックする抗ヒスタミン成分であるクロルフェニラミンマレイン酸塩とケトチフェンフマル酸塩があり、ヒスタミンが放出するのを抑制するタイプの抗アレルギー成分としては、クロモグリク酸ナトリウムといったものがあり、痒みが出にくくすることに役立ちます。目やにが多い場合は、それを溶かして分解できるリゾチームという成分が効果を発揮します。

瞳の日におすすめの目薬の効能をしっかり理解

瞳の日には、疲れ目やかすみ目、ドライアイといった日常よくある不調のほか、ものもらいかもしれないといった、まぶた裏の小さな炎症箇所などを治したい場合におすすめ目薬も把握しておくと、万が一の時にも役立ちます。症状が進んでしまった場合や悪化しそうな場合は速やかな眼科受診が重要ですが、まずは市販薬を使って様子をみたい時は、新サルファグリチルアイリスという成分の入ったものが有効とされています。

とにかく抗菌が大事ということで、1回使い捨てタイプの抗菌目薬を選ぶと良いとされます。いずれのタイプも、コンタクトレンズ装着時にも使用可とされているもの以外は、コンタクトレンズは清潔な状態で目から外してから、それぞれの症状におすすめの目薬を使用することが大事です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう