瞳の日にちなんで万全の日焼け対策を行う - 瞳の日 2019年1月3日 -

瞳が日焼けをするのは眼病トラブルの元であり、健康的な視界を奪う原因にもなり得ます。
日焼け対策を万全に行うことが健康を維持するための秘訣ですので、瞳の日が眼の健康を訴えるように日頃から目のケアや対策を行うことが欠かせません。

-AD-

日焼け対策を欠かさない

瞳の日が制定されたように瞳の健康を保つことは大切です。外部から情報を得るための重要な組織ですからいつまでも健やかに保つように工夫をしなければいけません。そこで積極的に行いたいのが瞳の日よけと言えるでしょう。日焼けというと肌を保護する目的で行われることが殆どで、瞳に対して行う人は意外と多くありません。

しかしながら紫外線の影響を受けるのは肌だけではなく瞳も同じです。何も瞳の日よけ対策を行わないでいるとダメージを負ってしまいますので、瞳の日に先駆け肌と同じく日焼けへの対策を講じた方が良いでしょう。ここでは瞳を保護しないとどうなるのか、そして対策はどのように行えば良いのか解説をしていきます。

眼が日焼けをすることで起こる症状

日焼けで起こり得る症状としては、まず炎症が発生して充血します。眼は紫外線は吸収しやすいですから黒目の表面に傷が付いて赤くなってしまうのです。瞳の日よけを十分に行わずさらに症状が進行すると角膜炎が起こるリスクもあります。目が充血すると共に涙や痛みが続く状態になりますが、これは紫外線角膜炎と呼ばれています。

この症状は単に日差しが強い夏場だけでなく、雪の照り返しによっても起こることが少なくありません。白内障のリスクも高まります。紫外線は角膜で吸収されるものの、波長次第では水晶体や網膜にまで達することがあります。瞳の日よけをせずにこうした組織がダメージを負うと、水晶体のにごりを発生させて白内障が起こる危険性も高まってしまうのです。

目薬を使用する時のポイント

眼の日焼けが確認できる場合に目薬を差してしまうと刺激になる恐れがあります。そのためまずは炎症を抑えるようにした方が良いでしょう。目を閉じて休ませているだけでも状態は随分違ってきます。そもそも涙自体にも目の機能を整える働きがあるため、目をつむっていることで自然に傷の治りを早くすることができるのです。

ただし、紫外線によって大きなダメージを負っていると傷の治りが遅い場合があります。そういった時には紫外線によるダメージを軽減する働きのある目薬を使用して対策を行うと良いでしょう。しかしながら目薬だけに頼るのも良くありません。あくまでも緩和をするためのものですから、無理に自力で治そうとせず、症状次第では眼科への相談へ行くことが大切です。

瞳の日よけのための対策方法

瞳を守るための方法としては、まず紫外線予防になる眼鏡やサングラスを使用することです。日焼け防止のためにも特に有効ですので積極的に活用していった方が良いでしょう。眼鏡などに抵抗がある場合は日傘や帽子をかぶるといった対策も効果的です。なお日傘を利用する場合は、内張りが黒い素材の物を使用した方が良いと言えます。白地ですと反射をして眼の日焼けを促進しますので注意が必要です。

また、帽子にしてもつばが長く、しっかりと日よけができるものが理想的です。目を休ませたり目薬を使用するのも日焼け対策の基本と言えます。紫外線による影響を完全に防ぐことは難しいですから、ダメージへのケアもきちんと行うことが日焼けに困らないためのコツです。

瞳の日よけで目の健康を維持できる

いつまでも健康的な瞳でいるためには日焼け対策が必須です。紫外線による影響は強力ではあるものの、きちんと日焼け防止を行えばトラブルを防止することはできます。特に加齢によって目の機能が衰え気味の場合ですと、日焼けによるダメージを受けやすい状態にありますから瞳の日よけに気を配らなければいけません。無論、眼病リスクも高くなりますのでより一層気を付けた方が良いでしょう。

なお、瞳の日よけ対策は年中気を配ることが大切です。紫外線というと夏場だけが意識されがちですが、しかし年間を通して降り注いでいる以上、季節的な対策にするようではいけません。ダメージは毎日のことと考え、日々瞳の健康を考えたケアを行っていく必要があると言えます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう