秋分の日とそれに伴う祝日と大型連休 - 秋分の日 2018年9月23日頃 -

-AD-

秋分の日の由来

秋分の日は、9月23日だ思っていませんか。

正解とも言えますし、ちがうとも言えます。実は9月22日の時もありますし、24日の時もあります。

この日は、天文学の秋分に基づいて定められています。
戦前は秋季皇霊祭という名前で、彼岸に皇族の先祖の霊を祀る行事が行われていました。ちなみにこれは春の彼岸(春分)にも行われていたものです。

彼岸は、仏教の教えに基づきます。太陽が真東から昇り真西に沈むこの時期に、沈む太陽に向かって亡くなった命を偲ぶ、すなわち「日願」が彼岸になりました。

彼岸は、秋分・春分の日を中日として、その前後3日計7日間のことをいいます。中日をこの祝日にしているわけですが、このように天文学的な考えにより国民の祝日を定めていることは世界的に見ても珍しいのです。

秋分の日の日は動く

1947年の国民の祝日に関する法律により、秋分の日は定められました。
趣旨は、「祖先を敬い、なくなった人をしのぶ」とされ、戦前の秋季皇霊祭の趣旨を引き継いでいます。

日付は秋分とされています。しかし、閏年があります。1年を365日とすると、地球の公転と日付に誤差が生じます。そのため4年に一度一日増やすわけですが、これに伴い秋分の日も年によって変わります。具体的にいうと、閏年には秋分の日が9月22日になります。ちなみに、過去に9月24日が秋分の日になったのは1974年の1回のみ(日曜日の振り替え休日は別)で、21世紀には一度も訪れません。22世紀も2103年と2107年の2回のみです。ですので、9月23日及び22日が秋分の日と考えていただいてよいでしょう。

勤労感謝の日と合わせてシルバーウィーク

9月のもう一つの祝日として勤労感謝の日があります。

勤労感謝の日はもともと9月15日でした。しかし、国民の祝日に関する法律が改正され、いわゆるハッピーマンデーができました。これは、祝日を(第◯月曜日)と定めることによって3連休を増やし国民の文化的生活を推奨することを目的としています。

勤労感謝の日はハッピーマンデーにより第3月曜日になりました。それにより9月15日から21日のいずれかと流動的になりました。

ここで、シルバーウィークとよばれる5連休ができる可能性が出てきました。この法律では、祝日と祝日の間が中一日となった場合、中日を「国民の休日」とするため、秋分の日が水曜日になり、勤労感謝の日が月曜日になった場合、間の火曜日が国民の休日となり5連休が生まれるというわけです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう