彼岸の時期に相当する秋分の日に関する伝統文化 - 秋分の日 2018年9月23日頃 -

-AD-

秋分の日を暦の歴史に当てはめて分析

秋分の日の時期は、彼岸の時期であると同時に、二十四節気の秋分の季節としても親しまれてきました。陰陽五行の考え方によれば、長夏が過ぎた後の秋の季節になるため、季節の変化も激しくなっていきます。

この時期を境にする形で、陽が弱まって陰が強まり始める現象が起こるとされています。これからの季節は、太陽の力が弱まり、影の部分が強くなるという意味ですが、この傾向は冬至にかけて本格的に続きます。二十四節気の秋分については、古代中国で生まれた暦の一部分ですが、日本へ到来する段階で順応してきました。日本の気候と微妙に違うところがあるため、雑節を付け加えていますが、基本的には中国以来の伝統を引き継いでいます。

古代中国の伝統の中に、インドから伝わった仏教の彼岸が融合して現在に至っています。

おはぎは秋分の日の時期になると需要が急増

秋分の日の時期になると、今でも各地のスーパーマーケットではおはぎが売られ、彼岸の供え物として重宝されています。

ぼた餅とも呼ばれていますが、基本的には同じもので、季節によって呼び名が変わる場合があるのです。今では店で購入することが増えていますが、昔は各家庭で手作りをして、仏様にお供えをしていました。小豆などで作った餡を使いながら、餅米を中に入れる作り方が一般的ですが、地方によって微妙に違います。東北地方では枝豆の餡を使うことがあり、ずんだ餅の一種となる和菓子として知られています。

おはぎを見るだけでも、彼岸の風物詩として感じる人が多いことは、誰にとっても感慨深いことです。先祖を大事にする習慣が今でも根付き、和菓子の文化とともに発展していることは素晴らしい文化です。

夏と秋の境目となる秋分の日

秋分の日は、一般的には秋と夏を分ける境目としても知られています。暦では8月の初旬に立秋を迎えますが、この頃には暑さが最高潮に達しているのが普通です。

昔からの諺では、暑さ寒さも彼岸までと言われるように、この時期を境にして空気が入れ替わることが経験的に知られています。秋分の日の時期になると、大陸からは乾いた空気を持った移動性高気圧が通過するようになり、蒸し暑さも収束していきます。日中は30度ほどに上がるところが多いのですが、朝晩は過ごしやすくなることが普通です。快適な気候に誘われる形で、街中では散歩やウォーキングを楽しむ人も多くなります。

山野では彼岸花が一斉に花を咲かせて、この時期らしい赤色の絨毯のような絶景が広がり、秋本番を思わせるような雰囲気になります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう