秋分の日にお墓参りをする理由について - 秋分の日 2018年9月23日頃 -

-AD-

秋分の日の時期について

秋を分けると書く秋分。秋分の日は昼と夜の長さが同じで秋分の日を境として夜が長くなっていくため次第に過ごしやすく秋らしくなっていく日でもあります。春の春分の日はその日を境に暑さが増して夏らしくなっていきます。

昼と夜とが同じ時間というのは複雑な計算式で求められるので毎年同じ日というわけではありませんが、だいたい9月の22日か23日辺りとなります。国立天文台が計算し、「暦象年表」という小冊子によって決められているのです。

秋分の日・春分の日、ともに国民の祝日となっていますが、この日はお墓参りをする習慣となっている家が多いです。これはもともと歴代の天皇や皇后の霊を祭る儀式があった日という歴史的な背景もありますが、仏教の考え方も元となっているのです。

墓参りをする理由について

昼と夜の長さが同じということは太陽が真東から昇り真西に沈むと言うことです。仏教には西方浄土という考えがあり、西に極楽があると言われているのです。そのため真西に太陽が沈む春分の日であり秋分の日というのはお墓参りをするのに最適な日とされたのです。

「祖先を敬うとともに、亡くなった人をしのぶ日」ということで制定された国民の祝日なのです。秋分の日は中日であり、前後あわせてお彼岸は7日間あります。その期間はおはぎをお墓やお仏壇にお供えすることで亡くなった方へのお祈りを捧げましょう。
皇霊祭が元となるため、夏や冬・夏至と冬至は祝日とはなっていません。

その時期は撒いた種が実る時期でもあるため、収穫への感謝・五穀豊穣の祈りを捧げる行事を行なっているという地域もあります。

秋分の日の過ごし方について

その年によって祝日の時期が違ってくる秋分の日ですが、休みの組み合わせによっては9月に5連休とれることもあります。シルバーウィークです。次のシルバーウィークは2026年なのでまだまだ先の話ですが、そうでなくても9月中は2回も祝日があり、他の月よりもゆったりと過ごせるのです。

暑さも和らぎ次第に過ごしやすくなる頃、この時期にレジャーの計画を立てる方も多いでしょう。

ただ、元々祖先をまつる日として生まれた国民の祝日なのですから、旅行もいいですが、ふるさとに帰りお墓参りして先祖を供養する、日本人としての心も大切にして過ごしましょう。シルバーウィークで埋もれてしまいがちですが、春分の日や秋分の日という祝日が出来た意味について子供に伝えられるといいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう