秋分の日に地域の楽しみをさがしてみよう - 秋分の日 2018年9月23日頃 -

-AD-

秋分の日とはいつなのでしょうか

秋分の日は、日本では祝日になっています。毎年だいたい9月23日ごろです。天文学的には、地球が秋分点と呼ばれるところを通過する日のことを指しています。2044年までは、うるう年に限り9月22日、その他の年は9月23日になります。

ただし毎年2月1日に、国立天文台が作成する「暦象年表」という小冊子に基づき、閣議で翌年の日にちが決定されることになっています。日本の祝日ですから、閣議で決めているのですね。

秋分の日は、昼夜の長さがほぼ等しく、秋分の日を境に、夜の時間の方が長くなります。祝日となった理由は、「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」ということです。秋の彼岸とも呼ばれています。また秋分の日の前3日を彼岸入りと呼び、後3日を彼岸の明けと呼びます。

秋分の日に地域ですることとは何でしょう

秋分の日は,秋の彼岸と呼ばれます。彼岸とは、元来仏教用語で「煩悩に満ちたこの世界から解脱した悟りの世界」のことを指します。

これは、「亡くなったご先祖様の霊が住む世界」のことです。そのご祖先様の霊を供養するために、お彼岸になると「お墓参り」へ行く習慣があります。元々は農村部で、春分の頃に豊作を祈り、秋分の頃に豊作を祝う自然信仰がありましたので、山の神様である祖先の霊を春分以前に山から田畑のあるそれぞれの地域の里に迎え、秋分を過ぎると田畑のある里から山へ送り届ける儀式が行われていました。

これが仏教と融合し、ご先祖様の霊を供養することにつながっていきました。彼岸花と呼ばれる曼珠沙華が咲くのもこのころになります。曼珠沙華という言葉も仏教とつながりがあり、日本の古来から伝わる伝統的な行事です。

秋分の日のころの楽しみとは

秋分の日に食べられるものに、おはぎがあります。おはぎのはぎは萩の花のことです。春分の日には、おはぎではなくぼたもちです。ぼたもちのぼたは牡丹の花のことです。

それぞれの季節にあった花の名前が、同じお菓子の名前になって、季節によって呼び方が変わっています。おはぎは、餡子を使ったお菓子ですので、小豆の赤い色に魔除けの効果があるとされ、邪気払いの意味もあります。夏の暑さも彼岸までと言いますから、暑さも消え、だんだんと秋の気配がしてきます。暑さがやわらぎ、ほっとつける時期になります。蝉の声が聴こえなくなり、夜になりますと、コオロギや鈴虫など虫の鳴き声が盛んになってきますね。

収穫を祝う季節ですから、たくさんの美味しい食べ物もあります。食欲の秋が始まっていくのも、この秋分の日を境にやってくることになります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう