秋分 - 秋分の日 2017年9月23日頃 -

-AD-

秋分

秋分は二十四節気の一つで、夜と昼の長さが同じ間隔になる日を言います。二十四節気は季節の節目を意味しており、秋分は夏と秋との変わり目、すなわち夏と秋を分ける日という意味を持っています。その日に宮中では秋季皇霊祭という皇族の祖先の霊を祭る儀式が行われてきました。秋季皇霊祭は記録によると平安時代から行われていたのです。それがのちの国民の休日となり、秋分の日が制定されると皇室の先祖だけでなく、庶民の先祖もこの日に祭る記念日として変化して、広く定着してきました。

秋分の日はどのような由来で始まったのかというと、古くから宮中では秋季皇霊祭という皇族の祖先の霊を祭る儀式が行われてきました。それがのちの国民の休日となって広く定着してきました。しかし、祖先を祭ることはやろうと思えば一年中行うことが出来ます。なぜ秋分にその儀式が行われたのかというと、秋になると太陽が真西に沈むことが理由です。
昔から、御仏がいるという地は西方浄土とされており、その方角に太陽が沈むので、先祖の供養・墓参りをするには絶好のタイミングであるとされているのです。

日本では秋季皇霊祭が宮中で行われてきたのですが、それが明治12年に入り、国民の休日となり、さらに1948年となって「国民の祝日に関する法律」が施行されたことにより、人々により浸透していったのです。
記念日としての意味は先祖を敬い、偲ぶ日であるのですが、同じく仏教の発祥であるインドや信仰が広まった中国では、秋にこのような意味を持つ日を制定してはいません。
日本人が古来から持っている精霊信仰や神道と仏教の価値観が融合した結果生まれたものといえます。

本来の意味は、先祖を敬い、偲ぶ日であるのですが、最近では墓参りをする習慣も薄れてきて、たんに夏から秋へと季節が変わる目安としての記念日として扱われることが多くなってきています。
また、休日を連休にするというハッピーマンデー制度が導入されて以降、敬老の日そして土日が合わさり、長期休暇が取れる時期に変化してきました。そのため、秋分は夏休みに続く旅行などのレジャーを楽しむ絶好の機会として変化しつつあります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう