空の日 9月20日

空の日の起源や語源、歴史、
また空の日に行われる行事など空の日に関することを解説。

-AD-

空の日とは

空の日というユニークな日の起源についてですが、昭和初期までさかのぼります。
昭和15年に航空日というものが制定されたのが、事の始まりで、その後、航空関係省庁間協議が行われて、具体的な日付が決まりました。その日付というのが、9月20日です。
なお、もともとの始まりである昭和15年というのは、日本初の動力飛行が成功してから30周年となる年なのです。これをもって航空日と定められて、翌年に9月20日に決まり、定着することとなりました。

9月20日が航空日として定められた昭和16年は、西暦で言うと1941年ですが、この時期の世界情勢といえば世界大戦で、終戦に伴い、航空日は一時休止となってしまいます。
しかし、その後、1953年(昭和28年)に復活することになります。
そして、それから39年後、民間航空再開40周年となる1992年に名称が航空日から、空の日に改称されました。
ちなみに、9月20日から9月30日までを空の旬間として現在に至っています。

空の日が日本で盛んになってきたのは、やはり名称が航空日から空の日に解消された1992年辺りからで、全国の空港などで、航空に関する催し物が開かれるようになったのです。
航空日から空の日というソフトなネーミングに改められ、大きな丸型の体が特徴的な、くにまるくんというマスコットキャラクターも登場するなど、積極的に空の日を広める活動が見られるようになりました。
なお、くにまるくんはフェイスブックも存在し、日々情報発信を行っています。

近年、空の日に行われた具体的なイベントですが、例えば秋田空港では、こども制服試着会、こども航空教室といったものが開催された他、飛行機を間近で見るシンプルなイベントも行われました。
その他の地域としては、例えば富山市の空港で、シンガーソングライターによるライブや富山県警音楽隊のコンサート、エアラインスタッフ交流イベントなどさまざまなイベントが行われました。
空の世界を飛行機に乗る以外の形で感じられるというのも面白いもので、空の日を意識して1年に一度でもこういったイベントに参加してみるのも良いでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう