節分 2月3日

節分の起源や語源、歴史、
また節分に行われる行事など節分に関することを解説。

-AD-

『節分』とはそもそも何なのか

節分とは、農作業をおこなう上で季節の移り変わりを的確につかむために設けられた「雑節」のひとつで、四季が始まるとされる立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日のことを言いました。「季節を分ける」「節目を分ける」と読んで字のごとく、そのままの意味だったのですね。

江戸時代になると、1年の始まりと捉えられる立春の前日、春の節分が旧正月と近いこともあり、特にクローズアップされるようになりました。

古来より、季節の変わり目には悪いものが生まれやすいと考えられていたことから、様々なお祓いや魔除けの行事が国をあげて行われるようになり、それらの名残が今も『豆まき』などの風習となって伝わっているわけです。

こういった春の節分の原型は平安時代から存在しているというのですから、もっとも歴史ある行事のひとつと言えるでしょう。

鬼を祓う行事の起源とは

節分におこなわれる行事の原型は、平安時代の宮中行事に起源があると言われています。中国から伝わったとされるこの鬼祓いの儀式は『追儺』と言い、元々は旧暦の大晦日におこなわれていたそうですが、その後いくつかの変遷を経て現代の節分の原型となりました。鬼のお面をつけた人を弓や太鼓で追い払う様を再現したこの儀式は徐々に変化してゆき、室町時代頃には、山から下りてきて都を荒らす鬼を穴に封じ込め、その目を潰すために豆をぶつけたという故事が始まりとされる豆まきの儀式になったのですね。

そのほかにも、節分には全国で様々な鬼祓いの儀式がおこなわれています。『柊鰯』という魔除けのアイテムを門前に置いたり、桃の枝やニンニクなど、神聖な力が宿るとされているものや、鬼が嫌いそうなものを軒下に吊るすという風習もあるのだとか。近年全国に広まってきた恵方巻も、節分の行事のひとつですね。

豆まきの起源とその変化

豆まきに使用する豆は、神聖な火で邪気を払うために炒った大豆を使用するのが元々のルールであったようです。その年の厄災や魔を祓うために撒かれるものですから、後から芽が出てくるのでは色々と不都合もあったのでしょうね。この豆は、神様にお供えしてから使用するという地域もあるようです。

基本的に、豆は「鬼は外、福は内」という掛け声をかけながらまかれますが、「鬼」という文字や「丹羽」という言葉を冠した名字のご家庭や一部の地域では「鬼は内」という掛け声が使用されることもあるそうです。豆は拾い集めて年の数だけ、あるいは年よりひとつだけ多く食べればその一年は風邪をひかないと言われているそうですから、次の節分にはぜひ試してみたいものですね。

子供も楽しめるイベントのひとつとして変化してきた豆まきでは、衛生面も考慮してか、まく豆と食べる豆を分けるところが増えているようです。

実は一年で4日ある節分

節分は季節が変わる日の目安であり、雑節になります。お彼岸の日などと一緒です。各季節を分けている日の前の日が節分になります。

昔の暦でいうと立春である元旦の前日、大晦日の日が節分に当たります。このほかにも夏、秋、冬の季節の節目に節分が存在します。つまり、立夏、立秋、立冬の前の日がすべて節分になります。現在では冬から春への変わり目である2月3日だけが節分として一般的になっています。昔は厳しい冬を乗り越え、暖かい春を迎えるこの日は特に喜ばしい事と考えられていました。

しかも、新年を迎えるとあってこの春の節分が一番重視されていました。そのため、この日に行われていた行事も残っていったと考えられています。豆まきをして恐ろしいことを払う風習が今でも全国で行われています。

豆まき行事の由来は中国

この春の行事ですが、豆まきなどの風習の由来は中国にあります。

中国では厄払いとして昔から「追儺」という行事が行われていました。追儺は、疫病をはやらせる鬼を追い払う行事です。追儺は「厄神送り」、「厄神送り」、「鬼やらい」とも呼ばれています。昔は宮中で陰陽師などがこの行事を担っていました。そのさいに官職が鬼の格好をして疫病や災いをもたらしているようなふりをし、それを仮面を被った人が矛や盾で追い払うということも行われていました。仮面を被った人は豆をまき散らして鬼を払っていました。これを豆うちといいます。そしてこれこそが豆まきの原型です。

時代は下り、室町時代ごろには庶民にこの行事が広まっていきました。昔話の中には鬼の目に豆をなげつける話がありますが、これは魔の目(魔目)と鬼を滅する(魔滅)という言葉のごろ合わせがあります。

節分の日に登場する食べ物

節分にはイワシを食べます。臭いがするものは厄払いになると考えられていたからです。他にも尖ったものが厄払いになるので、鬼を払うためにイワシの頭を柊にさして戸口に置きます。柊イワシとも呼ばれます。イワシ料理を食べる習わしはいまでも残っています。旧暦では大晦日なのでそばを食べる地域もあります。

そして恵方巻ですが、具は7種類です。7福神の7に由来しています。今や全国に広まっている恵方巻ですが、これが広まったのはごく最近のことです。コンビニが平成10年にそれまで丸かぶり寿司と言われていたものを恵方巻として商品化しました。その後だんだんとこの名称が全国にひろがっていきました。食べるときはその年の恵方、つまり年神様のいる方向を向いてひとり1本丸かじりします。

そもそも節分の語源とは

節分とは、春、夏、秋、冬の季節の始まる最後の日という意味です。通常季節の始まりを立春、立夏、立秋、立冬と呼び、前の日を節分と呼びました。そのため年に4回もあったわけです。

その後4回の節分は5月4日立夏の前日、8月6日立秋の前日、11月6日立冬の前日、2月3日立春の前日となり季節の始まる前の日ということで、季節を分ける日ということではじまったのが節分です。年に4回ほどありましたが、昔は今と違って立春の2月4日が一年の始まりの日になっていました。

そのため立春の前の日は今でいう大晦日ということになり、一年の最後に一年間の厄落としてきれいに新年をお迎えしました。それで豆まきなどの厄落としなど色々な風習があります。

まだ一年で最も寒い時期のため、体調を崩さないための厄落としの意味合いもかねています。

さらに深く知る節分の由来

節分の語源、由来をもっと詳しく理解するためには、どんな行事が行われているかを知ることでさらに深まります。一番大きな行事は一年分のお祓いといわれる儀式で、その季節のうちに祓い清めて新しい季節(新年)に災いがないようにという意味を込めた儀式です。

季節の変わり目で最も寒い時期は邪気が入りやすく体調を崩しやすいため気を引き締める意味もあったようです。

平安時代の遣唐使によって伝えられた中国のツイナという儀式があります。ツイナは季節の変わり目ごとに災いをおこそうとする邪気を、鬼に見たててお祓いする行事です。ちょうどその頃日本では疫病が流行り農作物が不作でこの儀式をまねておこない、そこから始まったといわれています。さらにヒイラギとイワシは鬼の苦手なものであったため、玄関などの飾り物にしました。

古来より伝わる日本の風習

古くは宮中の年中行事でしたが、室町時代から煎った大豆を使っておこなうようになりました。地方によっては鬼を見守ってくれる先祖の霊の姿ととらえて、鬼も福の神として崇められているところもあります。秋田県のなまはげも、その流れが由来しています。鬼の目を狙ってなげるものに大豆を使うようになりましたが、煎る理由は生の豆を使うと拾い忘れた豆から芽が出て邪気が入り込むことを恐れためのようです。またこの豆は災難除けになるということで、山へ行く時や遠出をする時にお守りとして持ち歩いていました。

自分の年の数だけ食べると福がくるなど神を恐れ自然を敬う姿勢が節分の語源、由来からうかがえます。

最後に節分は2月3日だけではなく、うるう年で立春がずれれば節分もずれてしまうため2月4日になる年もあります。

節分の始まりは平安時代

節分と言えば、現代でも大豆などの豆を撒いて鬼や邪気を払うイベントとして大人から子供まで親しまれています。この節分の歴史は非常に古く、始まりは平安時代の宮中行事だったとされています。当時は大晦日に行われていた行事で、鬼役が宮中をまわり、豆ではなく弓矢で追い回されることで災いを払っていました。平安時代の鬼とは悪い疫病の化身とされており、鬼を通して病が蔓延するのを防ぐために行われていたのです。

現在でも親しまれている豆を使うようになったのは室町時代に入ってからで、中国からその風潮が伝わって広まったとされています。この頃になると、私たちにもなじみが深い「鬼は外、福は内」というセリフを言いながら炒った豆をまいて災厄を払うというスタイルに変化してきました。

実は節分は1年に4回もある

現在は2月3日の1日だけが節分として祝われていますが、実は暦の上で言うと節分は農作業の目安となる雑節というイベントの一つで、それぞれ春夏秋冬の季節の最初の日を示しています。

このことから、本来は1年に4回は訪れる行事であり、季節の分かれ目にも当たることから厄除けや豊作祈願など様々な行事が執り行われていました。

現在のように2月のものだけが行事として残ったのは、当時の2月と言えば春にあたり、1年で最初に訪れる雑節でもあることから特に重要視されて現代まで廃れることなく続けられてきたのだと言われています。

また、古来から2月は寒い日が多いので風邪など体調を崩す人が多く、この時期に厄や疫病を払うためにも特に重要な雑節として大切にされてきたのだとされています。

豆をわざわざ煎るのはなぜ?

節分で使用する豆は、一度フライパンなどで煎ってから鬼に投げるという家庭も多いでしょう。

もともと豆を使うのは、「魔を滅する」という言葉が略されて「まめ」となることから来ていると言われています。ではなぜわざわざひと手間かけて煎るのかというと、昔から伝えられる神話に基づいているのです。

昔、人を食べる鬼が出て困った村人が神様に助けを求めると、神様は鬼に豆を渡し、この豆から芽が出ないうちに人間を食べればお前を罰するぞと伝えたのです。

実はその豆は事前に煎ってあり、どれだけ畑に撒いて世話をしても決して芽が出ず、鬼は二度と人間を食べることが無かったのです。この昔話から、もし節分で豆を煎らずに使うと、そこから芽が出て鬼や疫病が人間に災いをもたらすと伝えられてきたのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう