節分で行う豆まきの由来とレシピ - 節分 2018年2月3日 -

-AD-

節分での豆まきをする由来とは

節分には日本中では豆まきが繰り広げられますが、この習俗は中国より伝わった週間です。無病で災害からも守るため、その祈りを込めての意味も込められているものです。

日本でも昔から、豆やお米には、邪気を払うパワーがあると信じられてきたものです。この邪気払いの力によりまして、鬼を追い払うことができるために、こうした習慣が続いているとも言われています。一般的にはその家の大黒柱や、年男がまくというのが昔からのことですが、家族で楽しくまくというのも、今の時代には多くあることです。子供などはこうしたことが好きなので、かなり楽しくまくことになります。使用をするのは、生ものもは使わないのもルールです。生のものは芽が出てしまいますので、これだと縁起が良くはないので、炒ったものを使用します。

節分のための豆のレシピ

節分で鬼は外福はうちでまく時には、必ず加熱をします。フライパンで弱火にかけて、乾煎りをすると出来上がります。

ハードな対応にするならば、最初に熱湯をかけてから、フライパンで乾煎りをします。お皿に移してから冷めると、自然に固さが出てきます。もう少しソフトに仕上げたいならば、お湯の中に入れて2時間くらい浸しておきます。そこからフライパンに入れて、乾煎りをすることになります。最初は強火で炒めてから、パチッと音がするようになるまで加熱して、そこからは弱火にして炒ります。

もっとお手軽にるくりたいのでしたら、キッチンの電子レンジを使う方法もあります。キッチンペーパーの上に水を切ってから並べて、電子レンジで11分程加熱をします。芯まで加熱できたかを確認して、出来上がりです。

節分のための豆のアレンジ

節分には楽しく豆撒きを行ったら、残った分はアレンジして美味しくいただきましょう。

フライパンでできる、カリカリのお菓子にすると、節分が終わったあとにも美味しくいただくことはできます。フライパンに水と砂糖を入れて弱火にしたら、そこへ豆を入れて絡ませます。火をとめてから、少しの間混ぜています。だんだんと冷えてくることで、見た目は白く見えてくるので、パラパラとするまで混ぜて出来上がります。ココアを入れても、ココア風味の味わいになって、美味しくなります。

いろいろなアレンジが自由になるのは、粉末にしてしまうことです。ミキサーで各班をして糞丸にすることで、きなこに早変わりをします。きなこになったら、お団子に絡めてもいいですし、ヨーグルトにトッピングをしてもいいので、かなり使えます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう