節分は、邪気を払い福を呼び込む、運気の分かれ目 - 節分 2018年2月3日 -

-AD-

節分とはもともと四季に一つずつあるもの

節分というと、2月3日のことというのが世間一般の常識ですが、そもそも節分というものは、季節を分けると書くとおり、一つの季節に一日ありました。立春、立夏、立秋、立冬の日の前日を、古くは節分と言っていました。昔から季節の変わり目には鬼が現れるとされ、節分の日の宮中では、悪霊払いの行事が行われていました。

旧暦では立春がお正月だったので、その前の日といえば、昔は大晦日にあたる日でした。今でも年末が近くなると忘年会などで邪気払いをしますね。一年の終わりになると厄落としをしたくなるのは、昔も今も変わりないようです。節分が立春の前日だけになったのは室町時代の頃で、当時の人々はこの日に一年の邪気をお祓いし、新しい年の福を呼ぶ準備をする習わしとなっていました。

豆まきの歴史と作法とは

豆まきが日本で始まったのは室町時代と言われています。それまでは宮中の行事だった節分が、一般庶民に浸透したのもこの頃です。豆まきはもともと中国に伝わる風習でしたが、日本では魔が滅するという意味で「魔滅」という語呂合わせで豆が使われたとも言われ、また鞍馬に鬼が出た際に毘沙門天が大豆をぶつけなさいとおつげをくださったという伝説も残っています。

豆は、大豆を炒ったものを使います。生の大豆だと、拾い忘れて芽が出てしまったら縁起が悪いとされています。陰陽五行説の火、水、木、金、土は、じゃんけんのように互いに特異な相手と苦手な相手がありますが、鬼は金に属し、金が苦手とするのは火なので、火で炒るのだとする説もあります。一家の主人が各部屋に掛け声とともに豆をまき、各人が数え年の数の豆を食べると元気でいられるとされており、豆を食べることで鬼を退治したことになるそうです。

恵方巻など、その他の節分の風習

節分に鬼を追い払うには、玄関先に柊にさした焼いたイワシの頭を飾るところもあります。鬼はイワシの臭いにおいが苦手。これを柊いわしまたは焼嗅(やいかがし)と言います。昆布と梅の入った福茶に豆を3つ入れて飲む風習もあります。また地方によっては「胃のほうき」と呼ばれるこんにゃくを食べます。関東地方ではけんちん汁を食べる家庭も多いです。

中でも関西から全国に広まった風習が、恵方巻ですね。豪華な具の入った海苔巻きは誰もが好きな食べ物ですが、それを丸々一本かぶりつけるのは節分ならでは。これだけで運気が向いてきそうな気にもなりますが、恵方巻を食べるときには作法に注意しましょう。鬼の金棒に見立てた海苔巻きに、できれば七福神にちなんで7種類の具を入れ、その年の年神様のいらっしゃる恵方に向かって、食べ終わるまで声を発しないで食べます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう