節分での厄除けとその歴史について - 節分 2018年2月3日 -

-AD-

節分行事の歴史について

豆をまいて鬼を追い払うことで有名な節分。その歴史は古く、平安時代の宮中行事でも鬼やらいという名で行なわれています。

2月4日の立春の前、に厄除けして年神様を迎え入れるのです。豆まきの習慣は中国の明時代から行なわれていた風習で、日本には室町時代に伝わりました。特にその年が数え年で厄年にあたるという方は神社やお寺での節分祭・節分会に参加し、舞台の上から豆を巻けば、厄除け・厄払いにもなりますし、よい思い出ができるでしょう。

豆やもちが飛んでくるのを受け取る側で参加しても楽しいです。毎年俳優やお相撲さん・歌手などの有名人が多く参加しています。戦隊物のヒーローが出演することもあり、お菓子も巻かれたりするので子供たちにとってもうれしい行事となるでしょう。

厄除けの方法について

厄というのは災いや苦しみ・不幸のことです。災いをもたらす鬼を豆で追い払うことで厄除けするのです。

投げた後拾い忘れた大豆から芽が出ると縁起が悪いため必ず煎った豆が使われます。「鬼は外、福は内」と言いながらまきましょう。最近では鬼役にならされていますが、本来は一家の長である父親が撒くものです。その後は自分の年齢分だけ、あるいはそれよりも1つ多い量の豆を食べることで邪気を祓うことができます。食べきれない場合には福茶を飲むことで代用してもいいです。

ヒイラギとイワシの頭を玄関に飾るのもまた、その臭気で鬼を追い払おうという方法です。その他に、桃の枝やニンニク・ネギなど地域によって必要となるグッズは少しずつ異なります。これらを置いておけば鬼に厄を持ち込まれる心配はないのです。

恵方まきの由来について

厄をはらうだけでなく縁起の良い一年を願って巻き寿司の丸かぶり、恵方巻きをする家庭も増えました。その年の恵方を向いて黙ってかぶりつくのです。

ただ、恵方巻きの歴史はまだまだ浅いです。大正時代に大阪商人や花街にて景気づけや商売繁盛を願って行なわれていたものが、海苔や寿司業界によって全国に広められていったのです。

丸ごと食べるのは包丁で切ったら福を逃してしまうから。黙って食べるのも同じ理由です。鬼の金棒に見立てることで、鬼を退治するために食べるという説もあります。

節分と一口に言ってもさまざまな内容があります。歴史あるものから最近のものまで、自由に取り入れて楽しく厄を遠ざけるようにしましょう。スーパーに行けば煎り豆も恵方巻きも、鬼の面までいくらでも売っています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう