紅茶の日におすすめの美味しい紅茶の淹れ方とアレンジ - 紅茶の日 2018年11月1日 -

11月1日は紅茶の日です。これを機会に、普段紅茶を飲まないという人も紅茶を楽しんでみましょう。
紅茶が大好きだという人も淹れ方やアレンジにこだわれば、特別な一日を演出することが可能です。

-AD-

紅茶の日にピッタリの最高の紅茶とは

紅茶の日にあわせて、最高の紅茶の淹れ方やアレンジをマスターしたいと思ったら、まずは紅茶の茶葉をチェックしてみましょう。紅茶の茶葉には数多くの種類があり、それによって味や香り、色が大きく変わってきます。

紅茶が苦手だという人は、まずはクセのない飲みやすい茶葉を選ぶのがポイントです。世界三大茶葉の1つダージリンはクセが少ないのが特徴です。ストレートで飲むのはもちろん、レモンティーやミルクティーなどアレンジもしやすいので、紅茶の日に飲むのに相応しい茶葉といえます。紅茶に慣れているという人は、同じく世界三大紅茶であるウバやキーマンにチャレンジしてみましょう。どちらも香りが特徴的で、スペシャルな一日を演出するのにピッタリの茶葉と言えます。

美味しい紅茶を飲むための、淹れ方のポイント

紅茶の日のティータイムを楽しくするには、ティーカップやお菓子にこだわることも大切ですが、淹れ方を見直すことも大切です。特に茶葉からの紅茶の淹れ方は、味だけではなく香りや色にも大きく関わってくるから重要です。美味しい紅茶の淹れ方は、使用する水で変わってきます。使用する水は空気をたっぷりと含んだ水道水が最適で、十分に沸騰させてから使います。

まずはティーポットにお湯を入れ、温めます。お湯を捨て、人数分の茶葉をティーポットに入れたら、改めてお湯を勢いよく注ぎましょう。そうすることで、ティーポットの中で茶葉が泳ぐように動き、紅茶のうま味を引き出すことができます。抽出時間は、紅茶のパッケージに書かれた淹れ方を守るようにしましょう。

紅茶の日に試したい、ホットな紅茶アレンジ

紅茶の日に紅茶を飲むなら、今まで試したことのないスペシャルなアレンジに挑戦するのがおすすめです。温かい紅茶のアレンジは手軽に試すことができるので、紅茶初心者に最適です。甘さを抑えたスッキリとした味わいが好きだという人は、オレンジミントティーを試してみましょう。ティーポットで紅茶を抽出する時に、一緒にドライミントを入れるのがポイントです。さらに、オレンジの皮をつぶして加えることで、さわやかな香りをプラスすることができます。

甘い紅茶を飲みたい人は、ストロベリーティーに挑戦してみましょう。イチゴを半分にカットし、ティーカップに入れ、温かい紅茶を注げば完成です。イチゴを軽くつぶすと香りを増すことができますし、ロゼワインを少し加えるのもおすすめです。

ひと手間加えたアイスティーで、紅茶の日を楽しみたい

紅茶はホットだけではなく、冷やして楽しむこともできます。ティーポットで抽出した熱い紅茶を、大量の氷を使って一気に冷やすのが、美味しいアイスティーの淹れ方のコツです。アイスティーならではのアレンジに、スパークリングティーがあります。スパークリングティーは炭酸水を加えるのがポイントで、オレンジやレモンなどの柑橘系のフルーツをプラスすることで、すっきりとした爽やかさをアップさせることができます。

たっぷりにフルーツを入れたティーパンチは、紅茶の日に相応しい特別なアレンジです。アイスティーにリンゴやイチゴ、オレンジ、ブドウ、パイナップルなど、果肉がしっかりとしたフルーツを加えていきます。その上にホイップクリームやミントを飾れば、デザート感覚で紅茶を楽しむことができます。

紅茶の日のティータイムをさらに楽しむためには

紅茶の日のティータイムを最高なものにするには正しい淹れ方を抑えつつ、茶葉の特徴を理解してアレンジすることが大切です。ダージリンは味と香り、色のバランスが整っているので、アレンジしやすい茶葉の代表です。

これに対して、ウバはミルクとの相性が良いという特徴があります。淹れ方のポイントとして、ミルクを加えることを頭に入れて、濃い目に茶葉を抽出してみましょう。生クリームとの相性も良いので、生クリームを使ったデザートっぽいアレンジに挑戦してみましょう。
キーマンは、独特な香りで個性が強い茶葉です。その香りを逃さないように、香りの弱いフルーツを合わせてみる用意してみましょう。渋みが気になるという人は、ミルクを加えた淹れ方もおすすめです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう