終戦記念日 8月15日

終戦記念日の起源や語源、歴史、
また終戦記念日に行われる行事など終戦記念日に関することを解説。

-AD-

終戦記念日とは

終戦記念日は、戦争が終わったことを記念して作られた日であり、この場合は第二次世界大戦の終戦を記念した日を指します。日本政府は8月15日を戦没者を追悼し平和を祈念する日と定めていますが、その一方、戦争に勝った国では終戦記念日とは用いず、戦勝記念日と称してその日を盛り上げています。その時の戦争に勝ったのか、それとも負けたかによって、戦勝記念日、もしくは終戦記念日のいずれかの言葉を用いていくことになります。

日本では8月15日が終戦記念日とされていますが、これは昭和天皇がポツダム宣言を受諾し、玉音放送で日本国民に降伏したことを宣言した日だからで、8月15日に同様の日を設けているのは韓国などに限られ、アメリカやイギリス、フランスなどは9月2日を対日勝戦記念日としています。これは1945年9月2日に降伏文書に日本が署名した日であるためで、そこを基準にしている国がほとんどです。そのため、降伏した日の認識が日本と諸外国で違うということが見られます。

終戦記念日に全国戦没者追悼式が行われることになったのは1963年からで、この年から8月15日に全国戦没者追悼式が行われ、1965年からは日本武道館で行われています。靖国神社の参拝を巡っては1980年代後半から活発的な議論を呼び、更なる盛り上がりを見せてきたのはここ10年のことです。高校野球でも玉音放送があった8月15日正午にはサイレンが鳴り、選手、観客などが黙祷をする光景が当たり前となっています。

最近の終戦記念日は国のトップがその日に靖国神社に参拝するかどうかということに話題が集まり、その動向を韓国や中国などが注目するというものになっています。ここ10年話題に上りやすいという背景もあり、若者などが終戦記念日に参拝するという光景が見られ、一方で戦争を経験された方が高齢化するなど、全国戦没者追悼式、そして、終戦記念日当日の靖国神社の様子は毎年変化し、徐々に様変わりしているというのが現状となっています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう