海外の縁起の良い動物の紹介 - 縁起の良い日 2019年1月1日 -

日本では、白い蛇や白い狐など白い動物が特に縁起が良いとされ神使としても祀られていますが、
海外では1度に沢山の子供を産む豚やウサギなどの意外な動物も縁起が良いとされています。

-AD-

日本と諸外国で縁起の良い動物が異なる背景

日本では、多くの商店や飲食店の店先に並んでいる招き猫に加え、金運アップが期待出来る蛇や苦労知らずの語呂合わせからフクロウなどが縁起の良い生き物とされていますが、アメリカやヨーロッパでは意外な動物も可愛がられています。

ヨーロッパやアメリカは、四方を海に囲まれ何千年にもわたり他国からの侵略が皆無に等しい日本とは大きく異なり、陸続きである事から如何なる時も他国からの侵略に備える必要があると共に国力や戦力を強化する上でも人口が多い方が有利とされ、一度の出産で多くの子供を産む豚やウサギなどが縁起が良いとされています。ヨーロッパでは、聖ダンステンと悪魔の伝説や冷めた愛情を取り戻せる事から馬の蹄鉄がラッキーアイテムです。

多産が縁起が良いとされる海外の動物

ヨーロッパでは、古来より幸福の象徴として豚が縁起の良い生き物とされ、新年には豚のミニチュアを家族や友人と交換する慣習が今も行われています。豚は、1度に多くの子を産む事から子宝や財運に恵まれると考えられており、豚のミニチュアなどを身近に置いておくと幸福を招くと言われています。特にドイツでは誕生日に四つ葉のクローバーを組み合わせた豚のミニチュアを贈る慣習があります。

ウサギは、1度に数匹~10匹程度産む多産である事から子宝や財運に恵まれるとして縁起の良い動物とされているだけで無く、後ろ足で力強く飛ぶ様に前進する事から躍進の象徴や逃げ足の速さから災難回避の象徴とされています。その為、春に行われるキリストの復活祭イースターではウサギの姿をかたどった様々なお菓子が製造販売されています。

海外の縁起の良い動物達

キリスト教徒は、「ladybird beetle」とも呼ばれるテントウムシが幸福を運んで来ると信じており、テントウムシをデザインしたアクセサリーが数多く販売されています。キリスト教では、テントウムシの別称ladybird beetleのladyが聖母マリアを意味するとされ、特にイギリス正教会ではテントウムシを聖母マリアのつかいと考えているのが現状です。中国では、テントウムシが太陽に向かって枝先まで登り飛び立つ事に起因して、天への道を教えてくれる高貴な虫として「天道虫」とされています。

ハリネズミは、庭に咲く花や農作物を食い荒らす有害な昆虫類などを食べ尽くす事から特にフランスで庭の番人と呼ばれると共に神秘的な生き物とされ、ハリネズミに会うと幸運を運んできてくれるとする言い伝えがあります。インドでは、シヴァ神が白い聖牛ナンディに乗っていた事から雌牛が豊饒の象徴とされる一方で、ガネーシャ神に起因して雨を司る事から象も豊穣の象徴となっています。

宗教に影響を受ける縁起の悪い動物

縁起の悪い動物には、黒猫や黒いカラスなどが挙げられますが、海外では悪魔の象徴として山羊が嫌われています。山羊は、ギリシャ神話のパーン神と同一視されるローマ神話のファウヌスやエジプト神話のアモン神に起因して新約聖書のマタイによる福音書において悪しきものの象徴とされ、キリスト教の悪魔の1人で黒ミサを司るバフォメットと結びついた事が山羊を縁起が悪いとする原因です。黒猫は、海外では飼い主の不運や不幸を自分の姿を見た第三者に贈りと届けるとされ、黒猫を見ると不運や不幸などに見舞われるとする言い伝えが今も残っています。

蛇は、日本では蛇神の大物主神として神聖視され、インドでは仏教の開祖ブッダの先祖ナーガと神聖視されていますが、ヨーロッパやアメリカでは忌み嫌われています。蛇は、エデンの園でイヴを唆して禁断の果実を食べさせた事から狡猾さの象徴や人間に知識を与えたことで邪悪の象徴とされており、現在もキリスト教徒からは忌み嫌われている生き物です。

縁起の良し悪しを左右する宗教と歴史

日本では、海外の多くの国で縁起が悪いとする蛇も土着の神道やナーガの末裔とされる仏陀が開いた仏教の影響で神や神使として祀っており、豚やウサギなどの多産な生き物を珍重する海外とは大きく違い独自進化を遂げたと言えます。

ヨーロッパでは、古代エジプトで多産なカバが大いなる母オペトやトゥエリスとして祀られると共に、ミノア文明や古代ギリシャ文明に伝播した事に起因して多産な豚やウサギなどにあやかる文化が形成されたと考えられています。縁起が悪いとされる山羊は、シュメール文明の最高神エンキを象徴する山羊と魚が融合してローマ神話の怪物カプリコルヌスになったとされ、旧約聖書のマタイによる福音書に取り込まれました。縁起の良し悪しは、古代の文化に起源があると共に切実な願いが込められています。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう