漢字で書く縁起の良い名前と画数 - 縁起の良い日 2019年1月1日 -

赤ちゃんが生まれると名前を付けますが、どの親も良い子に育ってほしいと考えるでしょう。また、起業家が最初に気になるのも社名です。
名前は看板ともなるため縁起の良いものとしたいですよね。ここからは漢字やその画数などについてお話を進めてゆきます。

-AD-

名前を付けるときに担ぐ縁起とは?

お子さんの名付けや起業時の社名は今後の成長や発展を期待して縁起を担ぎます。縁起とは元々仏教用語で、物事のすべては原因と条件が関係して起こることで、起こり得ることは因縁とも考えらています。この世の中に存在するものにはすべて名称が付いており、それはすべて人間が決めています。お子さんの名前や社名を付ける場合、災難を避け幸せに物事が良い方向に進むよう縁起の良い漢字を選びたい方は多いことでしょう。

名称は変更することもできますが、出来れば最初に正しく付けたいですよね。縁起の良い名前を付けるときは、画数とともにバランスも考えることが大切です。最近では流行を取り入れることも多いですが、類似ネームは流行が去ると廃ると考えられ避ける人も多いです。今後の運命を祈って縁起の良い画数やバランスを考えて付けたいものです。

バランスの良い画数の漢字

縁起の良い画数は5画・11画・13画・15画・24画・31画・32画・35画が天格、人格、地格、外格、総画においてもっとも良い画数と考えられています。しかし、画数ばかりを気にするあまり、読みにくい時や当て字も認知しにくい点が問題としてあります。最近では、可愛いキャラクターや物にちなんだ女の子のきらきらネームが流行っていますが、小さいときは似合っていても、大人になって次第に高齢期を迎えると違和感を残してしまいます。

印象や運勢が良くなる名前を付けると今後の人生や企業の業績等に期待が持てます。命名は物事のスタートとも考えられますので、今後の運命を祈って命名者が真剣に考えて、選ぶことが重要でしょう。人に笑われない名称で意味の深いもので、一生付き合えて希望の持てる名付けをすることが大切です。

健康運が上がる漢字とは?

人は生まれると成長する過程で様々な問題を抱えます。成長の先には成功や失敗もあります。ただ、健康で過ごせてこその失敗や成功が経験でき、それらはすべて健康的に生活が送れることが最低条件です。人にとって健康とは何にも代え難い条件で、健康出なければ運命は切り拓けません。

健康の字にある「健」は元気をあらわす意味を持ち、すこやかとも読みます。また、「勇」という時には勇ましいという意味やすこやかという意味もあります。男の子の命名に健や勇がよく使われます。女の子の場合、華やかという意味の「華」や植物が芽吹く季節にちなんで「春」や実りにちなんだ「果」などが健康運が上がると考えられています。その他、左右対称な漢字にも健康維持の意味合いがあります。

縁起の良さを持つ漢字ついて

「昌」「真」「章」「春」などは男女共通で命名に使われ、左右対称です。左右対称の字はバランスが良く、総合運が上昇すると言われています。これらの文字を組み合わせることやその他の運気を高める漢字を組み合わせることも多いです。例えば、「知」は知識や知恵を表わし仕事運に恵まれると考えられ、「輝」の場合は輝くなどの意味を持ち家庭運が上がります。

総画32画の名前は周囲から多くのチャンスが与えられ、大きく飛躍するため縁起がよい名前であることから命名に適しています。画数とバランスを整えることで、見た目の美しさと漢字の持つ意味とが合わさって内側と外側から運気を上昇させると考えられています。

信念を持った命名であることが重要

会社や子供の名前を付けるときに縁起を担ぐことが多いですが、縁起のよさを気にするあまり読みにくいことや、名前負けすることなどもあります。縁起は因縁とも考えられ、命名時に縁起を担ぐことはある意味正しいことなのかもしれませんが、物事を正しく進めるためには、教えや正しい教育を受けることや経験を積むことにあります。

縁起を担ぐことはあくまでも今後の成長や発展を期待することであるため、必ずしも画数やバランスのみで決めるべきものではありません。これから進める人生やビジネスを成功に導くには努力を惜しま無いことが重要ですが、命名にあたって縁起を担ぎ今後の期待をすることも大切です。本やネットで検索するのもよいですが、会社や子供への想いを入れ、信念を持った命名であることが重要です。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう