縁起の良い四字熟語で深い言葉を知ることが出来る - 縁起の良い日 2019年1月1日 -

縁起の良い言葉をつなげることで縁起の良い四字熟語を作っています。
四字熟語は昔から使われていたものが多く、祈りを込められたものもたくさんあります。正しい意味を知って使いましょう。

-AD-

四つの漢字の意味をつなげる

縁起の良い四字熟語はいろいろなものがあります。商売繁盛や学業、勝負事、祝いやご縁など、その時々にあったものを選んで使うことが出来るということです。縁起を担ぐ文字を使ったものが多く、四つ漢字をつなげることで意味がわかります。昔から使われてきたものがたくさんありますが、類義語も多いので、意味を調べてみると同じ意味で使われているというものをいくつも見つけることが出来ることに驚きます。

縁起を担ぐだけではなく、縁起が良くなるように祈りを込められたものもよくあります。その四つの漢字の意味を知っていれば、つながった漢字を見るだけでどんな意味を持ったものなのかを考えることが出来るのがいいです。

商売繁盛や金運上昇にいい四字熟語

千客万来という縁起を担ぐ言葉があります。多くの客が入れ替わりひっきりなしに来て絶え間がないという意味の言葉です。「千」と「万」は数が多いことを示します。店などが繁盛している、来客が頻繁にあったりするときに用います。商売繁盛・金運上昇に良い言葉として使われることが多いです。

同じく商売繁盛・金運上昇の縁起が良いものに一攫千金があります。一度にたやすく大きな利益を手に入れること、一つの仕事で巨利を得るという意味です。「一攫」は一つかみという意味で、「攫」を「獲」と書くのは本来は間違えています。「千金」は大金、とても高価で貴重という意の例えです。一攫千金の儲け話などお金に関する話をするときなどにも使われます。

元気や健康で縁起を担ぐ言葉

無病息災も縁起の良い四字熟語です。病気をすることなく、健康で元気に暮らすという意味があり、「無病」とは病気にならないことを示しています。「息災」とは病気や災害といった災いを仏の力で止めるという意味でしたが、それが転じて災いもなく元気であるという意味になります。元は仏教語です。元気・健康に縁起の良い言葉です。

「無病息災」の類義語に「一病息災」「無事息災」があります。一病息災とは一つぐらい持病があったほうがかえって健康に気をつけて長生きできるという意味です。無事息災は、病気や災いなどの心配事がなく、平穏に暮らしていることをいいます。このように健康や元気に関係する縁起を担いだものは他にもいくつかあります。

学問や勝負に関して縁起を担ぐ

学業・勝負に縁起の良い四字熟語に、先手必勝があります。先手必勝とは先に攻撃を仕掛ければ、必ず勝てるということで、「先手」は先に攻撃することを言います。類義語に先制攻撃という言葉もあり、同じく、先に攻撃をしかければ必ず勝つことが出来るという意味です。

風林火山という四字熟語は、時勢や情勢に合わせた対処の方法のことです。元々は軍を指揮する時の四つの心構えの事なのですが、風のように速く行動し、林のように静かに機会を待ち、火のように激しく襲い掛かって山のように動かずに構えるという意味があります。歴史上の人物が旗に使ったものとして知られています。

ほかにも、下学上達という縁起の良い言葉があり、手近なところから学び始め、少しずつ深い学問に進んでいくという意味です。

事象や思想を四つの漢字で表している

四字熟語は四つの漢字をつなげることで意味を持ちます。それぞれに意味があり、健康や元気、学業、勝負事、病や怪我などについて書かれたものなどもたくさんあります。それらは昔からその四つの漢字を見て、すぐに意味がわかるように考えられています。

類似語もたくさんあるので使い方を間違えると少しおかしな文章になってしまうこともあります。正しい使い方をしっかりと覚えて使うことで、四字熟語を上手に使って文章を考えたり、話すことが出来るようになるということです。漢字を見るだけでその意味がわかるものもあれば、少し難しいものなどもあります。四つの漢字をつなげることで深い意味を持つものを探し、自分の座右の銘にしてみるのもいいでしょう。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう