縁起の良い春財布で金運アップ - 縁起の良い日 2019年1月1日 -

普段必ず持ち歩く財布は縁起の良いものを持つとそれだけで金運が上がるといわれています。
せっかく毎日使うものですからお気に入りであり、且つ縁起が良くてお金がたまるものを使用したいものです。

-AD-

良い金運を運んでくれる縁起物

春に買う財布は「春財布」と呼ばれ、縁起のよいものとされていますがなぜだか知っていますか。「張る」財布ということでお金が貯まって財布が膨れることからそう呼ばれるようになったそうです。春というと季節的にも新しいスタートというイメージもありますのでこれを機に新しく綺麗なものに変え、新生活を心機一転迎えることも良いでしょう。

値段はピンキリですが、出来れば高価質の良いものを持つことをお勧めします。縁起のいいものは後々あなたに良いお金の巡りとなって返ってくることが期待出来ます。そして毎日持つものですのでもちろん気に入ったものを持つようにしましょう。そうすることであなたの気分も金運も上げてくれる事間違いなしです。

日にちを見極めて金運を味方につけよう

購入時期は春とされる1月1日から5月の初めくらいが縁起が良いとされています。元旦は新春と呼ばれ、新しく春がやってくる日です。年明けともあり、気分も新しい気持ちとなれるので購入時期にはピッタリですし、4月から環境が変わる方はそれに合わせて購入するのもお勧めです。

そして使い始めの時期ですが、天赦日と呼ばれる暦の上で最も縁起の良いとされる吉日にしましょう。この日は天がすべての罪を許してくれるという日で、結婚や引っ越しなどにも最良の日と言われています。1年に5回くらいあるので購入した年のいつが天赦日であるのか調べたうえで使い始めてはいかがでしょうか。せっかくの機会なので金運を上げるために縁起のよい日もしっかりと押さえて、さらに運気を上げていきましょう。

金運が上がる最強カラーは

1番人気のある色は黄色、またはゴールドです。これらの色は金運を上昇させるとても縁起のいい色と言われています。他にも計画的によい買い物が出来たり、お金の管理もしっかりと出来るようになります。シルバーもゴールドには少し劣りますが縁起のよいお勧めの色です。不動産などの財運を上げる効果があります。

しかしゴールドやシルバーはギャンブル好きな人には向かない色なので気を付けてください。また、新生活を迎えるという方には対人運が上がるオレンジもお勧めですし、出会いが欲しいなどの恋愛運を上げたい方にはピンクもよいでしょう。中には出費を抑えたい方もいるかもしれません。そういう方にはブルーがお勧めです。自分のアップさせたい運気に合わせてお気に入りの縁起ものを見つけましょう。

素材や形も縁起のいいものを

素材も非常に重要です。ビニールやナイロン製などの安っぽくみえてしまうものは運気を下げてしまうので避けましょう。おすすめは革製品です。一番多く出回っている牛革は貯金が出来るようになるのでお金が貯まります。自営業をしている方には金回りがよくなるといわれている豚革やビジネス運が上がるヘビ革がお勧めです。他にもワニ革も人気な素材の一つです。

形は2つ折りのものよりは長財布の方がよいとされています。折りたたむことでお札が窮屈な思いをすることがあまり良くないので、綺麗な状態でのびのびと保つことが大切です。また長財布とは別に小銭入れを別に持つとより金運のアップに繋がります。
革製のものは高価なものになりますが、運気を取り込むためには質のよいものを選びましょう。

ゆっくりしてもらって恩返しを期待

使い始めるまでに2週間くらい寝かせてみてください。その時にしていただきたいことがあります。それは出来るだけ多くのお金を入れておくこと、縁起のよい綺麗な5円玉を一緒に入れておくこと、北側の暗いところ寝かせることです。そうすることで居心地がいいと感じてくれ、もし出て行ってしまったとしてもまたあなたの元=居心地の良い家にお金が返って来てくれることになります。

縁起のよいものというのはまったくの迷信というわけではなく、昔から伝わってきたありがたい言い伝えであると思います。毎日持つお財布は自分のお供でもあります。ぜひこれらの運気アップ法を試し、お気に入りのもので、明るい気分と豊かな運気を手に入れましょう。

-AD-

この記事が気に入ったらいいね!しよう