全国の各地に点在する花見の名所の特徴を分析 - 花見 3月~5月 -

-AD-

川沿いにある花見の名所の特徴

川に面した場所は、古くから花見の名所として親しまれています。全国の各地には、壮大な規模を誇る桜堤がありますが、植栽してから育てるまでには長い年月が必要です。

河川の堤防に桜の木を植えることが多いのは、土手に根をしっかりと張らせることで、地盤を強化するためです。当然ながら、庶民の憩いの場としての空間を作るための目的もありますから、治水と娯楽の両方で役立つことになります。

川沿いにある場所としては、東京では隅田川が有名ですが、歴史は大変に古いものです。今では荒川と隅田川の両方において、見事な桜景色が鑑賞できます。大阪では大川沿いに見事な桜並木があり、3月には花見の名所として賑わいます。福井では足羽川の桜が特に素晴らしく、見頃の時期には撮影スポットとしても人気を集めます。

お城にある花見の名所

全国に点在する花見の名所は、かつては軍事的に利用されていた城跡に多いことも特徴です。

東京都内には、室町時代からの歴史がある江戸城がありますが、今では千鳥ヶ淵の桜も根強い人気を集めています。江戸城の遺構になる石垣を背景にする形で、千鳥ヶ淵の桜景色が広がるため、歴史好きな観光客も魅了しています。関西地方では大阪城や和歌山城の桜が見事ですから、3月下旬の時期になれば大きな注目を集めます。

静岡県の浜松城や愛知県の名古屋城でも同様に人気を集めますが、毎年のように開花の状況が変わってきます。お城を背景にする名所では、春には桜に関するお祭りを開催することも多くなっています。このようなイベントに合わせる形で花見をすれば、雰囲気も盛り上がることになります。

花見の名所で堪能できる楽しみの数々

様々な花見の名所では様々な楽しみがあり、それぞれの好みに合わせて嗜好を変えることができます。有名な場所では露店が多くなるため、途中で買って食べることができます。

お花見弁当を持参することは、江戸時代にも行われていた伝統ですが、今でも大きな楽しみになっています。家庭で手作りして持参する弁当は、おせち料理のような華やかさがあります。夜間には桜のライトアップをしている会場では、広間とは違った楽しみ方ができます。

夜桜は大変に風流なもので、お酒を飲みながら楽しめば、普段のストレスも見事に解消します。3月の時期は寒さも残っていますが、温かみのあるライトアップを眺めながらお酒を飲めば、体はよく温まる仕組みです。

豊富な楽しみの中には、散り際の美しさを堪能する嗜好もあるため、最後まで飽きることがありません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう